食事の●分前がイイ!メタボを防ぐ「野菜ジュース」の摂り方が判明

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

手軽に飲める野菜ジュースですが、みなさんはいつ飲んでいますか? カゴメの研究によると、野菜ジュースは飲むタイミングが重要ということが分かりました。

同社が城西大学と行った共同研究では、野菜ジュースを食前に飲むことで、メタボリックシンドローム(以下メタボ)の原因の一つである食後の血糖値の上昇が抑えられることが明らかになっています。

さらにそれだけでなく、野菜ジュースを食事中に飲んだ場合は、食後の血糖値が速やかに低下することを確認したとのことです。

今回は、この共同研究を基に、野菜ジュースを効率的に摂取するコツをお伝えします。

 

■30分前の野菜ジュースが最も高い効果

上記の研究では、野菜ジュース200mLを、白米106g摂取前(15分前、30分前、60分前)に飲むのと、野菜ジュース200mLを、白米106gと同時に摂取する、白米150gのみを摂取するの5パターンで行い、食後の血糖値の変化を調べました。(全体の糖質量は50gに統一)

この結果、白米のみを摂取した場合と比べて、野菜ジュースを白米摂取前に飲むと、食後の血糖値の上昇が低く抑えられ、特に白米摂取の30分前に野菜ジュースを飲んだ場合に最も高い効果が見られました。

また、野菜ジュースと白米を同時に摂取した場合は、白米のみを摂取した場合に比べて、食後の血糖値が速やかに低下することが判明しました。

城西大学薬学部医薬品安全性学の金本郁男教授は、「野菜サラダに比べると、市販の野菜ジュースの良さは、その手軽さです。朝起きがけに野菜ジュースをコップ1杯飲むだけで食後血糖が改善できるわけです。

ただし、野菜ジュースの効果だけに期待して野菜ジュースを飲み過ぎるのではなく、食事全体のカロリーなどにも気を付けて、バランスの良い食事をすることが大切です」とコメントしています。 

野菜には食物繊維やクエン酸などの血糖値の上昇を抑える成分が含まれており、食前に野菜を摂ることで、食後の血糖値の上昇が抑えられることが明らかになってきています。メタボの予防・改善には食後の血糖値を抑えることが重要。ダイエット中は、野菜ジュースを飲むタイミングを意識して摂取するとさらに効果を得られそうです。

 

単にカロリーを抑えるだけのダイエットをするのではなく、野菜ジュースを飲むタイミングや食事バランスも意識した、健康的なダイエットでリバウンドを気にせず、キレイに痩せたいですね。

 

【関連記事】

※ 1週間で3kg減も!? 脂肪メラメラ燃焼「痩せ子が好む」最強朝食5つ

※ 寝起きのキス前に…30秒!「強烈口臭」を1さじの●●で撃退テク

ダイエットになってない!実は「朝食に向かない」太りやすい食べ物

食べる順番だけじゃない!痩せるには「食前の時間」が大事だった

※ たった3分!老廃物を流す「ダイエット・美肌にイイ」リンパマッサージ

 

【姉妹サイト】

※ 飲むだけで毒素ドバ!平子理沙も毎日飲んでる「美人になれるお茶」とは

※ まさに負の連鎖!働き女子がズルズル陥りがちな「オフィスのNG習慣」

 

【参考】

野菜ジュースを食前に飲むことで、メタボの原因の一つである 食後の血糖値の上昇が抑えられることをヒト試験で確認 – カゴメ