ヘルシーなだけじゃない!翌朝お肌ぷるっぷる「菌活きのこ鍋」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『美レンジャー』の過去記事「続けると自然に美肌!注目の”菌活”を美人アドバイザーが伝授」では、栄養アドバイザーの河内麻沙美さんに、体に良い働きをする”菌”の食材について教えていただきました。

今回は、河内さん直伝の、ヘルシーでダイエットにも有効なきのこを使った菌活レシピをご紹介します。とっても簡単なので、今晩のごはんにどうですか? 体の芯から温まりますよ!

 

■超簡単!”菌活きのこ鍋”レシピ

【材料】

・お好みのきのこ(しめじ・エノキ・椎茸・エリンギ・舞茸・なめ茸など)

・ゴボウ・・・1本

・水・・・2カップ

・味噌・・・大さじ2

・コチジャン・・・少々(お好みで)

・はちみつ・・・少々

・ごま油・・・大さじ1

 

【作り方】

(1)水・味噌・コチジャン・はちみつを鍋に入れ、ささがきゴボウを入れる。

(2)きのこをたっぷりと入れ、蓋をして煮込む。

(3)最後にごま油を入れて、できあがり。

翌日、お肌もツヤツヤぷるぷるで、便通もとても良く、デトックス効果の高い鍋です。きのこをたっぷり入れると、さらに効果がアップするそうです。

 

きのこを煮込んだスープは旨みだけでなく栄養もたっぷり! 鍋にするとスープまで美味しくいただけるのでおすすめの調理法とのこと。きのこ類はヘルシー食材、体重調整にもいいですよ!

 

【関連記事】

※ 神がかり的!?夜食べるだけで「ストンと痩せ体質」…魔法の食材4つ

※ 「きのこ」のバク食いで得られる意外なリラックス効果とは

※ ヘルシーが一転!みるみる高カロリーになる「お鍋の具」危険4種

※ ミランダ・カーも!万年ダイエッターのための「救世主ドリンク」とは

 

【姉妹サイト】

※ 今から仕込んで!職場の「残念なホワイトデー」を回避する裏ワザ2つ

※ 栄養ドリンクより効く!疲れた体がシャキンと元気になる簡単テク4つ

 

【取材協力】

※ 河内麻沙美・・・栄養アドバイザー。スマホを通じて専門家がマンツーマンでダイエット指導する『FiNC×PSY 60daysダイエット』のサービスで、FiNC認定栄養アドバイザーとしても活動中。その他、ヨガ・インストラクターの資格を取得するなど、健康美容に追求しながら様々な場所で活躍中。