10年後の肌に差が出る!? ケミカルコスメvs.オーガニックコスメ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近年ブログや雑誌等から、女性が憧れるモデルや芸能人の多くがオーガニックコスメを愛用しているのが伺えます。「肌にやさしいけど、効果は低い」というイメージが強いオーガニックコスメ。それなのに、彼女たちがこぞって使っているのはなぜでしょうか。

今回は、美のカリスマたちがオーガニックコスメに惚れ込む理由を探っていきましょう。

 

■今すぐ使いたくなる!オーガニックコスメの魅力3つ

数々の人気オーガニックコスメに共通している点は、大きく分けて3つ。そこにハマる魅力が隠れていました。

(1)肌本来の力を高める処方

オーガニックコスメの商品コンセプトとして、よくあげられるのがこれ。主なケミカルコスメが“今抱えている肌悩みを何とかする”のを目標にしているのに対し、オーガニックコスメは“肌の基盤を整えて肌トラブルやエイジングサインが出ない肌を目指す”ように作られています。

肌荒れやシミ・しわを作ることが直接仕事に影響してしまうモデルや女優たちは、オーガニックコスメでトラブル知らずの肌作りをしているようです。

(2)不安視されている成分は不使用

ケミカルコスメは使用感をよくするためにとろみをつけたり、イメージをよくするために合成着色料・香料を使ったり……。美肌づくりには不要な成分が多く使われています。一方、オーガニックコスメは植物がもつ特性を生かしてとろみや香りをつけたり、防腐や酸化防止対策をしています。

あらゆるケミカル成分が不安視されているので、オーガニックコスメは使用者が心配する成分を使わずに作る工夫がされているのです。ママになったモデルがオーガニックに変えているのも納得ですね。

(3)植物療法をベースとしている

効果がないと思われがちなオーガニックコスメですが、それはウソ! オーガニックコスメの多くはアロマテラピーやフィトテラピーなどの伝承的な植物療法に基づいた考え方で作られていますが、その効果は科学的に証明されるようになってきているのです。

またケミカルとオーガニックには、成分の性質に違いが。ケミカルコスメの場合は、成分一覧にビタミンCと書かれていたら、それはビタミンC以外の何物でもありません。しかしオーガニックコスメの場合、例えばオーガニックローズには美容にうれしいローズポリフェノール、ローズプラセンタ、500以上のアロマ成分が含まれているのです! これがオーガニックの一番の魅力といえるでしょう。

 

■オーガニックコスメに潜む危険とは

オーガニックコスメには、実は危険な一面も。残念ながら、ケミカルコスメにほんの少しオーガニックの素材を混ぜただけで「オーガニックコスメ」と謳っている商品も少なくないのです。そこには不安視されている成分も使われています。

良質なオーガニックコスメを見極めるには、気になったオーガニックコスメのホームページをチェックすること。きちんとしたオーガニックコスメなら、原材料へのこだわり、ポリシーなどが必ず記載されています。どれくらいの割合でオーガニック成分が含まれているのか、合成界面活性剤などの不安視されている成分は使っていないか、チェックしてみましょう。

筆者が最近注目しているのは、『HANAオーガニック』。独自の厳しい基準をもとに、スキンケアは100%天然由来成分、スキンケアの植物原材料の85%以上はオーガニックを使用することにこだわっているブランドです。不安な成分も配合していません。

もちろん、そのスキンケア効果は抜群! 水を一滴も使わず、濃縮ローズウォーターをベースに女性にうれしいローズやイランイランなどの精油やハトムギをはじめとする美容成分で、くすみのない透明感のある肌に整えてくれます。口コミでも評価が高く、@コスメでも美容液ランキングで1位を受賞している実力派!

また『HANA オーガニック』代表の林田七恵様はもともとご自身のお肌で悩んでいたようなのですが、オーガニックコスメに魅了され、もっと多くの人にオーガニックコスメを使ってもらいたいとの想いから、『HANA オーガニック』を立ち上げたとのこと。そんな想いがたっぷり詰まったブランドだから安心ですね。

モデルや芸能人のあいだでは、すでに常識化しつつあるオーガニックコスメ。

その効果を今ひとつ信用できなかった方も、オーガニックコスメに魅了されてすでに今もお使いの方も、ぜひ一度@コスメ美容液ランキングで第1位を受賞している『HANAオーガニック』を試してみることをオススメします。

 

【参考】

HANAオーガニック-1000円モニターキャンペーン