鬼退治でキレイに!おかずからスイーツまで「節分豆」変身レシピ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

節分の豆まきをした後は、「歳の数だけ豆を食べて健康を願う」という習慣がありますよね。でも美しくいたい女性なら、歳の数どころか、その何倍も豆を食べた方がよいと知っていましたか?節分の豆は、大豆イソフラボンがたっぷりで女性なら余さず食べたい食材。

今回は、節分の豆を使ったアレンジレシピをご紹介します。残った豆ももれなく美味しく食べて美しくなっていきましょう。

 

女性は絶対食べたい節分豆

昔から節分の豆まき用に使われる豆は、大豆をじっくりと時間をかけて炒ったものです。だから上質のタンパク質やビタミン類がたっぷり含まれています。また女性ホルモンと同様の働きをする大豆イソフラボンも摂取できるため、そのまま節分豆を食べることは、女性にとっては嬉しいことづくめなんです。

 

残りもの節分豆でアレンジレシピ3つ

(1)煮豆

ひじきと細切りにした油揚げ、にんじんを出汁と酒、しょうゆ、みりんで煮込むときに、一緒に節分豆を煮込めば、煮豆メニューが簡単にできあがり。節分豆を一晩水につけておき、水分をよく含ませておけば、より柔らかい食感の煮込みが完成します。水につける時間があまりない場合は、短縮してもOK。

(2)炊き込み節分豆ごはん

お米1合を洗い、塩昆布少々としょうゆと酒各小さじ1を入れて、お釜の1合のラインになるまで水を加えます。その後節分豆を一緒に炊飯器に入れて炊くだけ。塩昆布が味のポイントとなるので、塩昆布の量で味付けを調整してみてください。節分豆を水にひたして戻す必要はなく、お米を炊きながら豆も柔らかくすることができます。

(3)節分豆チョコ

板チョコレートを湯煎で溶かして、そこに節分豆を入れ、全体をまぶして冷やすだけ。豆がクリスピーな食感になり、独特な美味しさのお菓子が簡単にできます。豆を一粒一粒バラバラにしてもOK。いくつか固めればチョコレートバーのように仕上げることもできます。

 

炒って作られた節分豆は大豆の食感や味とは異なるため、大豆が苦手な方にはもってこいの食材かもしれません。普段から大豆を食べている方でも、せっかく節分豆が出回る季節ですから、ぜひ節分豆のレシピも楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

【関連記事】

※ 実は節分に食べる恵方巻きは「美人になれる食材」の宝庫だった!

※ 30歳越え男女は毎日摂って!「アレの減少を防ぐ」身近な飲み物4つ

※ なんと大豆で有名なイソフラボンには減量効果もあった

※ 豆乳や豆腐はイマイチ!? 「イソフラボン」の超効率的な摂り方とは

※ たった3分!老廃物を流す「ダイエット・美肌にイイ」リンパマッサージ

 

【姉妹サイト】

※ 産んでも働きたいなら…派遣女子がいまからやっておくべき対策とは

※ 集中力が36%もダウン!? 働き女子の「仕事の邪魔をする」アレにご用心