「ダイエットに失敗する人」がほぼ当てはまる…5つの痩せない理由

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「去年は痩せられなかったから、今年こそは頑張ってダイエットをしよう」と、思ったのはかれこれ1か月前。しかし、どういうわけかすでに「心が折れそう」「もう挫折してしまった」なんてことになっている方もいる様子。これって、一体どういうことなのでしょうか?

そこで今回は、あなたのダイエットが失敗に終わる理由についてお話していきたいと思います。

 

■1:目標が高すぎる

目標を持つのは良いことです。ですが、高すぎる目標というのは、なかなか達成できずにストレスになってしまうこともあるので要注意。

特にダイエットの場合、1か月のうちに体重の5%以上痩せようとするのは、精神的にも身体的にもツラく、リバウンドしやすくなるのでオススメできません。まずは、体重の3%~4%を減量するというのが良いのではないでしょうか。

 

■2:生活習慣を極端に変えようとする

普段運動をする習慣がない方が、週3、4日ペースでランニング・ジム通いを始める、自炊をする習慣がない方が、毎日お弁当を作るなど、これまでの生活習慣と異なることを始めるとき、あまりにも極端だと長続きしません。

新しいことを始めるのなら、無理なく続けられる範囲で取り入れると良いでしょう。

 

■3:ストイックすぎる

「絶対に痩せる」という強い意志から食事量・回数を極端に減らしたり、食べることに罪悪感を覚えるようになったりすると、摂食障害に陥ってしまうことも……。

女性の場合、生理前に体重が増えることもあるので、体重計の数字だけに縛られないような”ゆとり”を持ちたいものです。

 

■4:”ながら食い”をする

テレビを見ながら・スマホを見ながら・本を読みながら……。このように、食べ物を見ずに食事をしていては、何をどれだけ食べたのかわからないだけではなく、満足感も得られませんよね。

食事中は、”食べること”に集中するようにしましょう。

 

■5:言い訳が上手

ダイエット中も、自分へのご褒美は必要ですよね。とはいっても、「今日は●●を頑張ったから」「明日のために体力をつけないといけないから」など、何かしらの言い訳をして、しょっちゅうご褒美を与えていてはダイエットになりません。

ご褒美は、週に2回までにする、食べたら運動するといったルールを決めると良いかもしれませんね。

 

当てはまるものはありましたか? ダイエットは、”女性の永遠のテーマ”です。上手な付き合い方を見つけ出し、無理なく、ストレスなく続けたいものですね。

 

【関連記事】

※ 1週間で3kg減も!? 脂肪メラメラ燃焼「痩せ子が好む」最強朝食5つ

※ 2位はあんまん…1位は!? 意外な「高カロリー菓子パン」ランキング

夜寝る前の「食べ過ぎスパイラル」から抜け出せないNG習慣8個

その食べすぎ「少量効果」が原因かも!? 脳を騙して痩せる方法

※ 眉マスカラいらず!自宅で手軽に美眉を作る「あか抜け脱色」テク

 

【姉妹サイト】

※ あのモテ顔もNG!? 「初対面で相手をムカつかせる」女の特徴3つ

※ 働く女子こそつながり重要!先の見えない時代を生き抜く「3つの準備」とは