8時間・おにぎり・地中海式…3大「話題のダイエット」成功のルール

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

次から次へと登場する聞きなれない”ダイエット法”。そのため、「色々あり過ぎて、どれが良いのかわからない」「自分に合うダイエット法が見つからない」と、ダイエット難民になってしまっている人もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、成功者続出の話題のダイエット法を集めてみました。どのようなものがあるのか、早速チェックしていきましょう!

 

■1:地中海式ダイエット

地中海式ダイエットは、1960年代のギリシャ・クレタ島や南イタリアの伝統的な食事法のことを指します。ダイエットはもちろん、アレルギーや糖尿病、血栓症の予防効果もあるとされるその食事法の特徴は、下記のとおり。

(1)穀物や豆、野菜、果物、オリーブオイルを積極的に摂取する。

(2)少量の低脂肪乳製品(チーズ・ヨーグルト)を毎日摂取する。

(3)鶏肉以外の肉類は控え、魚介類を摂取する。

(4)夕食時にグラス1~2杯の赤ワインを飲む。

(5)適度な運動を毎日取り入れる。

 

■2:おにぎりダイエット

日本人の主食‟お米”を使った”おにぎりダイエット”。お米には食物繊維が含まれるので、便秘解消に効果的。それだけではなく、消化吸収のスピードが緩やかで、体に脂肪を蓄えにくいのが特徴です。

さらに、冷えたおにぎりを食べることで、デンプンがレジスタントスターチという難消化性デンプンへと変化。大腸で善玉菌増殖作用、解毒作用、脂肪燃焼作用を発揮するため、ダイエットにピッタリだといえるでしょう。おにぎりダイエットをするときは、下記の項目を守ってください。

(1)おにぎりを主食にし、1日に1~3合のご飯を食べる。(例:朝1~2個、昼2~3個、夜1個)

(2)おにぎりの具は、梅干しや昆布、おかか、鮭などのヘルシーなものを選ぶ。

(3)ビタミンやミネラルが不足しないように、みそ汁や納豆、サラダを付け合わせにする。

 

■3:8時間ダイエット

アメリカでもブームになった”8時間ダイエット”は、1日の食事を8時間以内におさめるというもの。そうすることで、消化器官が休まり、消化・吸収・排泄にエネルギーを注げるようになるのだとか。その結果、代謝が上がって痩せやすくなるといわれています。8時間ダイエットのルールは、下記のとおりです。

(1)食事をする時間を8時間以内におさめる。(例:朝食8時~昼食12時~夕食16時)

(2)毎日の食事時間はなるべく同じにする。

(3)しっかりと水分補給をする。

 

以上、今話題のダイエット法を3つお伝えしました。今年こそは、「コレ!」というダイエット法に巡り合えると良いですね。とはいっても、それぞれのダイエットのルールに沿って、くれぐれも無理をすることがないように!

 

【関連記事】

※ 1日たった10秒!驚くほどお腹がへこむ「体幹トレーニング」

好評につき公開!美容ライターヘビロテ「スタバのカスタマイズ」4選

現地コーディネーターが太鼓判!「ハワイで買うべき」ウマ調味料3つ

ヒートショックが危ない!「突然死を招きやすい家」ポイント4つ

コスパ最高!某高級品と激似「定番・青缶クリーム」使い道7つ

 

【姉妹サイト】

※ ダイエットの成功率「短期集中vs長期じっくり」どっちが高い?

※ 働き美女子に最適!「天然のサプリメント」キヌアのすごいパワーとは