わさびは醤油に溶かないで!日本料理の「やりがち恥マナー」5例

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本料理は毎日の食事の延長線上にあるので、フランス料理やイタリア料理ほどマナーを気にしない方が多いかもしれません。

しかし、身近な日本料理でも最低限の常識的なマナーを知らないと、重要な場面で恥ずかしい思いをしてしまうことも。

そこで今回は、意外としている人が多い日本料理でのNGマナーをまとめてみます。日本料理を食べる時は、普段の食事とは違うことに留意して、以下のことには特に気をつけましょう。

 

■1:手を受け皿にする

こぼれそうだからと手を受け皿の代わりにするのは、上品そうに見えてNGマナーです。懐紙を使ったり、持ち上げてよい食器の場合は、食器を持ち上げて食べます。

刺身や焼き魚、大鉢の皿は持ち上げて食べないので、そのままお膳に置いたままいただきます。基本的に小鉢や小皿、お椀、どんぶりは持ち上げてOKです。

 

■2:わさびを醤油に溶かす

お造りの刺身を食べる時は、わさびを醤油に溶かすのではなく、刺身自体にわさびをつけてから醤油につけて食べましょう。醤油皿は、持ち上げても大丈夫です。

 

■3:座布団を踏む

日本料理はお座敷でいただく場合も。お座敷での座布団や敷居・畳のへりを踏むのは、マナー違反とされています。訪問先でも同じで、相手への敬意を欠いた行為と見なされることに。

 

■4:おしぼりでテーブルを拭く

おしぼりはナプキンとは違い、手を拭くものなので、テーブルや口もとを拭かないようにしましょう。テーブルに何かこぼした時は、お店の人に頼んで拭いてもらいます。口もとを拭く時は、持参したハンカチやティッシュ、懐紙などを使って。

 

■5:食器を重ねる

食べた後は、器やお皿は元の位置に戻しておけばOKです。食器が傷付く可能性もあるので食器を重ねたり、片づけたりすることも不要です。

 

かしこまった場面でなくても上記のような振る舞いは、意外と見られているポイントです。「きちんとしていたつもりがマナー違反だった……」ということにならないように、今一度日本料理のマナーを見直してみませんか。

 

【関連記事】

アウト!勝負ディナーで恥かいちゃう「フレンチのNGマナー」8つ

高級ディナーで赤っ恥をくらわない「最低限」心得るべきマナー5つ

今さら聞けない!最低限知っておきたい「香水の基本マナー」とは

※ ホステス経験…あり?男が勘ぐる「お酒の席での親切行動」4つ

※ 「小悪魔ネコ目vs.甘えん坊イヌ目」モテ子はズバリ…MIXメイク!

 

【姉妹サイト】

※ イラっとしたら負け!「仕事で批判されたとき」賢く対処する3つのコツ

※ 辛い記憶を消す効果が!? 嫌なことがあった日は●●を食べるべし