悲しい!太ももパンパン…おデブに見える「残念スキニー女子」5例

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

履きやすくて暖かい冬素材がたくさん登場し、定番アイテムとなっているスキニージーンズ。色や柄も豊富でお洒落の”楽チンアイテム”である一方、体型や着方次第では太ももの太さが目立ち、一層脚が短く見えてしまうというキケンも……。

下記のような履き方は、スキニージーンズで太ももをおデブに見せてしまうNG例です。スキニーを履くのなら、できる限りすっきり美脚に見せたいもの。あなたは大丈夫ですか!?

 

■1:ブーツとのバランス

白やベージュのスキニーパンツにダークカラーのブーツを合わせると、足もとが引き締まって見え、太ももだけが目立ってしまいます。膝下、ふくらはぎ丈のブーツはバランスが難しいので、ブーツを膝上にするかショートブーツにしましょう。

 

■2:カーゴタイプ

カーゴタイプのスキニーは、太ももあたりのポケットによって、太ももをボリュームUPして見せてしまいます。また、カーゴタイプにワークブーツを合わせると、さらに太ももが太く見えてしまいます。

 

■3:レザー素材

レザー調のスキニーやジャガード素材、メタリックな素材など光沢感のあるものは、ぴったりサイズで着ると、気になる太ももをさらに目立たせてしまうのでご注意を。

 

■4:クロップド丈

クロップド丈のスキニーパンツは脚が短く見え、太ももの太さが強調されます。軽さを出したい時はジャスト丈を選んで、ロールアップさせて履きましょう。

 

■5:トップスの丈

流行りの短い丈のトップスもスキニーに合わせると、ヒップや太ももをカバーしてくれません。短い丈のセーターにシャツなどを着て裾を出すと、ちょうど気になる部分をカバーしてくれます。

 

脚を長く、細く見せる効果のあるスキニーも、履き方によってはパンパンの太ももを目立たせてしまう結果に……。スキニーをすっきりと着こなすにはトップスやブーツとの色のトーンが鍵。

とはいっても、淡い色の柄ものや膨張色のホワイトもブーツやトップスのバランス次第で、きちんと体型をカバーしてくれるアイテムにもなります。太く見えていないか、全身鏡で要チェックしましょう。

 

【関連記事】

※ エクステにジュエリー…「眉毛のオシャレ」に米国女子が夢中!

日本女性に多い「シシャモ脚が目立つ」NG流行ファッション例4つ

今すぐ診断!知らないとオバサン呼ばわりの今時ファッション用語

思わず二度見!ちぐはぐ防寒で女子力低下するNG冬ファッション

※ 1日たった10秒!驚くほどお腹がへこむ「体幹トレーニング」

 

【姉妹サイト】

※ こなれ感がポイント!働き女子向け「ドライヘア風スタイル」の作り方

※ 簡単なのにキュッとくびれる!「お腹のぷよぷよ肉」を落とす秘策5つ