ミネラルファンデーションの「ミネラル」って一体なに?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今やブームを通り越して、すっかり定番アイテムとなっている『ミネラルファンデーション』。「肌に良い」「つけたまま眠れる」などさまざまなウワサを聞きますが、実際のところ「まだ使ったことがない」「どういうものかよくわからない」という人も多いのでは? そこで今回は、ミネラルファンデーションとは一体何なのか、おさらいしてみましょう!

 

■そもそも『ミネラルファンデーション』とは?

ミネラルファンデーションとは、天然の鉱物(=ミネラル)で作られたファンデーションのこと。その歴史は思ったよりも古く、1970年代、手術や火傷の痕をカバーするのに使えるよう、アメリカのドクターによって開発されたのが始まりだそう。

その後、

・敏感肌の人でも安心して使える
・軽いつけ心地なのに、肌トラブルを自然にカバーできる
・ブラシでさっとつけるだけなので手軽
・石けんや洗顔料で簡単に落とせる

といった点が受けてアメリカでブームとなり、日本にも上陸。

ナチュラル志向の強い女性の間でじわじわと広がり、2007年頃からは日本人向けの製品が作られるようになりました。

現在、日本で『ミネラルファンデーション』として発売されている化粧品に共通の基準はありませんが、一般的には、酸化鉄、酸化チタン、マイカといった天然ミネラル成分を含み、防腐剤や香料、タール色素などを使用していないファンデーションを指します。

鉱物だけを使った100%ミネラルタイプの製品もあれば、スキンケア成分などをプラスして持ちや感触を良くしたノン100%タイプの製品もあり、どちらを選ぶかは肌質や好みの問題といえそう。最近ではパウダータイプだけでなく、プレストタイプやリキッドタイプも発売されています。

 

また、同じ時期にブレイクしたBBクリームとは、医療の現場から生まれた点や、ベースメイクがワンステップで手軽に済むという点が共通していますね。

「本当につけたまま眠れるの?」「上手につけるコツは?」などまだまだ疑問はいっぱいだと思いますので、次回は『ミネラルファンデーション』について寄せられるさまざまな質問にお答えします。

 

【関連記事】

※ 今さら聞けない!「BBクリームってそもそも何?」

※ 今さら聞けない!「2Wayファンデーション」の意味は何?

※ 本当に一つで大丈夫?「オールインワン化粧品」のよくある質問まとめ