日頃の不摂生が…危険!「女性ホルモン減少」を招くNG行為3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性ホルモンは、美しさをキープさせるために欠かせないホルモンであることを、みなさんご存知ですよね。女性ホルモンの分泌量は、30歳頃をピークに徐々に低下し、40代後半から50代になると急激に減少していきます。

しかし、加齢だけでなく、気付かないうちに行っている行動により、さらに女性ホルモンを減少させてしまうこともあるのです。

そこで今回は、女性ホルモンを減少させる、今すぐやめるべき行為をご紹介します。

 

■1:睡眠・運動・水分不足

美しさを保つ上で、”質のよい睡眠”、”程よい運動”、”水分補給”は切っても切れない関係にあることは、よく耳にしますよね。基本的なことではありますが、きちんと守れていますか? 

また、お水は一度に大量に飲むのではなく、3時間に500mlを目安に、1日2L飲むことを目標にしてくださいね。

 

■2:体を冷やす

女性は冷え性の方が多いのですが、冷えは卵巣などの機能を低下させてしまうことに繋がり、ホルモンバランスを乱してしまいます。

半身浴で温まることもよいですし、仙骨(骨盤の中央にある、背骨を支えている骨)にしっかり当たるように、肌着の外側に、小さな使い捨てカイロを貼りつけるのもオススメです。お腹まわりまで温まり、生理前や生理中のつらい冷えが和らぎます。

 

■3:過度な食事制限

現代の女性は、痩せているにも関わらずダイエットをしている方が多くいます。ただでさえ痩せ型の方は、女性ホルモンが少ない傾向にあるのに、過度なダイエットにより、さらに女性ホルモンが低下してしまっては非常に厄介です。

偏ったダイエット情報に惑わされることなく、バランスのよい食事を心がけてください。

 

いかがでしたか? このような行いから女性ホルモンが減少していくと、年齢に関係なく更年期のような症状が出かねません。いつまでも若々しく女性らしくいられるために、日頃の習慣を改めてみてくださいね。

 

【関連記事】

※ 半数が「大豆」を食べても増えない!女性ホルモンUPは●●が鍵

※ 食べる女性ホルモン!チーズが「女子をキレイにする」納得理由

※ 30歳越え男女は毎日摂って!「アレの減少を防ぐ」身近な飲み物4つ

※ あなたの「女性ホルモン」をドバドバ分泌させる5つの食材

※ スプーンが美顔器に!「毛穴レスになる」魔法の0円美容法

 

【姉妹サイト】

※ スマホの見過ぎ?5つ以上当てはまるとNGな「ドライアイ自己診断」

※ 気分はコレ次第!働き女子を支配する「ホルモンサイクル」4段階