リップ塗りすぎNG!色気も潤いも失う「ガサガサ唇に直結」習慣5つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今どき、”色気=肌見せ”と考えるのはもう古いです! 男性は、ぷるぷるに潤った唇にドキッとするもの。

しかし、唇が乾燥してしまうのは、乾燥する季節だから仕方がないと思ってはいませんか? 確かに、ただでさえ唇を乾燥させてしまうこの季節ですが、さらに日頃の何気ない行いが、唇の荒れに繋がるのです。

そこで今回は、ガサガサ唇を招く、意外と知らないNG習慣をご紹介します。

 

■1:頻繁にリップを塗る

唇に潤いを与えるために、リップクリームで度々ケアするのも、実はNG。古い細胞がターンオーバーできなくなってしまい、新しい細胞へと入れ替わることができません。塗り直しは、1日2〜5回を目安にしてください。

 

■2:上唇と下唇を馴染ませる

リップクリームを塗った後、上下の唇を合わせて馴染ませていませんか? そっと合わせるだけならいいですが、こするように合わせると、摩擦で皮膚が荒れやすくなってしまいます。

 

■3:口呼吸をしている

現代人は昔に比べて、口呼吸が多くなっていると言われています。口呼吸すると自分の息で唇が乾燥してしまいます。意識して鼻呼吸を心掛けていきましょう。鼻づまりなどで鼻呼吸が難しい場合は、マスクなどで乾燥を防ぎましょう。

 

■4:口紅の落とし忘れ

メイクを落とす際、アイメイクをしっかり落とすことに気を取られ、リップオフが疎かになりがち。油分が残ってしまっていると荒れの原因になってしまうので、クレンジングを優しく馴染ませて、しっかりと洗い流してください。

 

■5:歯磨き粉を多めに歯を磨く

歯磨き粉に配合されている合成界面活性剤は肌に付着しやすく、落ちにくいのが特徴。これがついたままだと、唇の乾燥・荒れに繋がります。歯磨き粉はあまりつけすぎず、ブラッシング後は唇もきちんと洗うよう心がけて。

 

いかがでしたか? ガサガサしていたり、出血していたり、こんなモテない唇では叶う恋も叶わないかもしれません。せっかく唇ケアを頑張っていても、無意識に行ってしまっている悪習慣で台無しになってしまわないよう、今一度癖を見直してみてくださいね。

 

【関連記事】

※ キス5秒前!カレが萎える「ガサガサ唇」を防ぐぷるぷるケア2つ

※ 0円で24h潤いキープ!「歯ブラシでプルプル唇」が米セレブ流

ほどよい…がイイ!「男子が思わずゴクン」大人セクシーのテク7つ

※ 舌で舐めたらアウト!キスが遠のく「ガサガサ唇」意外な原因4つ

※ 実は簡単!伸びた「ジェルネイル」自分で長持ちリペア術

 

【姉妹サイト】

※ その手があったか!現役市議たちに学ぶ「働き女子のバッグ軽量術」3つ

※ デスクワークは注意!毎食たった1杯のご飯でも糖尿病リスクがUP