アボカドにアーモンド…食べ過ぎは体に毒!美容食材の「適切量」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんは、美容によいとされる野菜や穀物を毎日食べていますか? 美肌、アンチエイジング、ホルモン調整などと聞いたら、いつまでも美しくいたいと思う女性なら、つい飛びつきたくなりますよね。

しかし、それらは”適度に食べること”で美容の効果が得られるもの。適切な量を知らずについ食べ過ぎてしまっては、身体へ悪影響が及ぶこともあります……。

そこで今回は、食生活管理士である筆者が、多くの女性が食べている美容食材の最適量をご紹介しましょう。

 

■1:アボカド

ビタミンやミネラルの豊富なアボカドを頻繁に食べる女性は多いようですが、アボカドは野菜類ではなく、カロリーを考えると油やバター、マヨネーズなどと同じカテゴリーに入ると考えてもよいかもしれません。アボカド大1/4(40g)は、マヨネーズ10g(大さじ軽く1杯)に相当するカロリーです。

仕事で座っている時間の長い方や主婦など、日々の活動量が少ない方は、1日1/4以下にとどめ、同時にその他油の摂取を控えることをおすすめします。アボカドだけで栄養を補給すると考えずに、緑黄色野菜やタンパク質など、様々な食材をバランスよく摂取することに重きを置きましょう。

 

■2:アーモンド

アーモンドはビタミンEやオレイン酸が豊富であるため、アンチエイジングや生活習慣病予防のためにはぜひ摂取したい食材。ただ、アボカドと同様に、油やマヨネーズの分類だと考えてください。アーモンド15g、およそ12粒は、バター10g(約小さじ3杯)に相当します。

外食や炒め物など、食事で油分を多く摂取する予定の方は、アーモンドは、1日5~6粒におさえるなど工夫しましょう。

 

■3:果物全般

ミネラル、ビタミン、食物繊維が豊富な果物は、欠かさず毎日食べる必要があります。しかし、摂り過ぎは糖質の過剰摂取となり、血糖値の上昇や血中の中性脂肪の増加を招く場合があります。

以下、1日でおすすめしている果物の量をご紹介します。(重さは、皮や芯などは含めません)

・みかん200g(中2個)

・リンゴ150g(中1/2個)

・キウイ150g(中1個半)

・バナナ100g(中1本)

・かき150g(中1個)

ちなみに、干し果物や果物の缶詰などは、ビタミンの含有量が少ない反面糖度が高いため、嗜好品として扱いましょう。

 

いかがでしたか? 身体によいものでも、食べ過ぎると身体に毒となる恐れも……。何でも適度においしく頂きましょう。

 

【関連記事】

※ 明日の私に後悔させない!「飲み会で食べていい物・ダメな物」リスト

ただ朝に食べるだけ!今夜から「寝付きがよくなる」快眠食材とは

※ お肌の衰え強力防止!「アンチエイジング缶詰」…その中身とは

スイーツ好き男女は危険!「食べ過ぎで記憶力悪化」米調査

※ 褐色脂肪細胞をボーボー燃やせ!すぐできる「肩甲骨ストレッチ」

 

【姉妹サイト】

※ 綾瀬はるかは2日に1回!美人がこぞって「あのパーツ」を鍛える理由

※ カサカサ肌に救世主!働く女性が常備すべき「美容オイル」の上手な使い方