ヤバイ!冬なのに「みるみるカビが増殖する」部屋…特徴3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

寒い季節は、暖かな部屋でぬくぬくと過ごしたいもの。でもそんな暖かすぎる部屋は、密かにカビが増殖している危険がかなり高いんです……。

梅雨ではなく、今の季節だからこそカビを増やしてしまう、NGな部屋の特徴をご紹介しましょう。

 

冬にカビを増殖させる原因は?

この季節にどの家庭でも起きるのが、結露。室内の温度と外気温との差が生じたときに、部屋内部の空気に含まれる水分が水滴となって窓につく現象です。太陽が当たらない北側、西側の部屋で起こることが多く、窓に限らず、壁紙でも結露が起きることもあります。

結露を放っておくと、水滴がどんどんたまり、そこからカビが発生してしまうのです。そんな結露を起こりやすくする部屋はどんな特徴があるでしょうか? NG事例をご紹介しましょう。

 

■結露がカビの発生に……冬時期にカビを招きやすい部屋の特徴3つ

(1)換気をまったくしない

先程ご紹介したとおり、結露は部屋の内部と外の温度差が大きいときに起こるもの。だから外は冷え込んでいるのに、部屋の温度が暖かすぎる場合は危険です。しかも、定期的に窓を開けて部屋の空気を入れ替えしないのはNG。

1時間~数時間に1度は窓を開けて換気を行い、空気の流れをよくしてあげましょう。そのときに、あまり使っていない扉や部屋も開けて、家全体に空気が流れるようにするとよいです。

(2)洗濯物を室内干ししている

室内で洗濯物を干しているなら、洗濯物に含まれている水分が結露となると理解し、止めるべきです。また加湿器のかけすぎや、植物や水槽をたくさん置いていることも同様に、水分が蒸発して、結露を起こりやすくしています。

(3)家具を壁や窓にピッタリ置いている

家具を壁際や窓際に隙間なく置いている場合、その部分は空気の流れが悪くなり、温度差が生じて結露ができ、壁紙にもカビが生えてしまいます。家具と壁の間は、5cmほど隙間を空けて置くようにしましょう。

 

冬というとカビとはあまり関係のない季節と思われますが、知らないうちに窓辺や壁にカビが育っているかもしれません。今からでも気を付けて、カビが充満しないよう気を付けていきましょう。

 

【関連記事】

※ ヤバッやってた!フケやカビも…「頭皮トラブル招く」NG習慣5つ

※ 室内干しで湿度3倍!カビが増殖…洗濯物を早く乾かし臭いを防ぐ術

※ 悩んでる女性が多い「ふけ&かゆみ」の原因は頭皮のカビだった!

※ 今年はカビ子にならない!場所別カビ対策テクニック

※ 3ステップでシミが消えた!「魔法のコンシーラーテク」公開

 

【姉妹サイト】

※ それ風邪じゃないかも…見落としがちな「病気の隠れサイン」3つ

※ 背が高いとアブナイ!? 身長●●cm以上は乳がんリスクが2.4倍に