料理前にも使える!「口に入っても安心」ハンドクリーム代替品5つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

hand

この季節、手を洗った後や風呂上がりに手放せないのが、ハンドクリーム。欠かさず肌に塗りこめば、ガサガサにならずに済みますが、気になるのは、料理前や小さなお子さんに触れるとき。添加物などが多いクリームだと、口に入ったら体に悪いだろうし、やはり避けたいもの。

そんなときに、口にはいっても安心なもので、手の乾燥を防ぐアイテムを利用しませんか? 今回は、そんなハンドクリーム代わりに使えるアイテムをご紹介しましょう。

 

1:オイル

エキストラバージンオリーブオイル、ココナッツオイル、ホホバオイル、太白ごま油、亜麻仁油など、純度が高く美容効果が高いオイルは、クリームや化粧水などの美容アイテムにも使われているもの。

お風呂上がりや手洗い後、完全に水滴を拭きとる前にオイルを数的たらすと、簡単に肌になじみます。いずれも食べものとしても使えるオイルですから、万が一口に入ったとしても安心です。

 

2:精製水

手作りで化粧水を作るときにベースとなるのが精製水。だから単なる水とは違って、肌細胞に水分を届ける役割を果たしてくれます。特に肌荒れがひどいときや敏感肌になっているときは、精製水を化粧水として顔につける美容法もあるほど。

そのため、手に精製水をつけ、化粧水やハンドクリーム代わりに使うのももちろんOKです。

 

3:お米のとぎ汁

昔からお米のとぎ汁には、美白効果や保湿効果があると言われています。お米を炊くときには、とぎ汁を器にとっておけば、風呂上がりなどの手につけて、手肌を乾燥からガードしてあげられます。

 

4:日本酒

日本酒をもとにした化粧水やクリームがあるほど、日本酒にも優れた保湿効果があります。このため、手に日本酒を化粧水のようになじませてあげれば、意外なほどしっとりします。敏感肌でアルコールが肌に合わない方は、煮沸してアルコール分を飛ばした日本酒を使うとよいでしょう。

 

■5:緑茶

緑茶にはビタミンCが含まれ、美白目的で美容品にも使われるアイテム。だから、使い切った出がらしをのティーパック袋に入れて、手肌にひたひたとつければ潤いと美白、ダブルの効果が期待できます。

 

ハンドクリームをたっぷり塗った手で料理をすれば、あまり体によくないものを口にすることになり、やはり気持ちがよいものではありません。そんなときにこれらの代用品で、自分や家族の健康を守りませんか。

 

【関連記事】

男性の胸がときめく!モテる女性の「バッグの中身」6つ

健康のバロメーター「自爪診断」で手軽に分かる!身体からのSOS

何が違う?一度は使ってみたい「1万円超えハンドクリーム」比較

知らないと後悔する「ハンドクリーム」の正しい塗り方

※ 【動画あり】ネイルなしでも!「しっとり美人な手」になる自宅ケア術

 

【姉妹サイト】

※ 食事の30分前に飲むだけ!おデブ化を防いでくれる飲み物があった

※ これは助かる! ツラ~い二日酔いを「シャキッと治す」お目覚めドリンク4つ