入浴中の死亡事故…夏の11倍!命を凍らせる「冬のヒートショック」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本格的な寒さの中、体を温めようとお風呂に入ろうとして、寒い脱衣所で凍えそうになった経験はありませんか。

LIXILによると、住宅内において暖房を設置しない脱衣所や浴室では、室温が10℃以下になることもあるそうです。 「暖かいリビングから寒い脱衣所へ、そして冷えたカラダで浴室に入り熱いお湯に浸かると、この間の急激な血圧の乱高下によって、深刻な疾患を引き起こす危険性がある」としています。 

この急激な温度差によって起こる“ヒートショック”が原因となる冬の入浴中の死亡事故は、夏の11倍だとか!

今回は、ヒートショックを防ぐポイントをお伝えします。

 

■入浴中の突然死は12月、1月が最も多い!

東京都健康長寿医療センター研究所によると、2011年の寒暖差が原因とみられる入浴中の死亡事故は約1万7,000人で、交通事故死亡者数である4,611人を遥かに上回る数字だったとのこと。

外の気温が低くなる1月は、入浴中に心肺機能停止となる人が最も少ない8月に比べて、約11倍にもなるそう。この時期は、特に注意が必要ですね。

 

■ヒートショックを防ぐポイント

中でも、血圧変化をきたしやすい高齢者や生活習慣病を患っている人は、最も気をつけるべきです。それでは、前出の研究所・高橋龍太郎副所長にお聞きした、ヒートショックを防ぐポイントをまとめてみます。

・ヒートショック対策には、まずは脱衣所や浴室を暖かくすることで寒暖差を減らす

・高い位置にあるシャワーを使ったお湯張りで浴室全体を温める

・外気温が低くなる日没前に入浴を済ませる

・可能な場合は、一人での入浴を控える

・血圧が下がりやすい食事直後・飲酒時の入浴を控える

 

■北海道はヒートショックが少ないのはなぜ?

ちなみにLIXILによると、入浴中の心肺停止状態の発生頻度は、都道府県別にみてみると、最も頻度が低いのが沖縄県で、続いて北海道という結果になっています。

つまり、外気温の低さだけがヒートショックの発生要因ではなく、住宅内の温熱環境が影響していると考えられています。やはり、寒暖差をなるべく減らすことが重要なようですね。

 

入浴中の心筋梗塞や脳出血、脳梗塞は、このようなヒートショックによって起こっています。脱衣所にヒーターがない方は、浴室を温め、浴室で服を脱ぐようにしてもよいでしょう。自宅の寒暖差に不安がある方は、くれぐれもお気をつけください。

 

【関連記事】

温泉に浸かって脂肪燃焼!ダイエット効果を高める入浴法

超簡単!ただシャワーをあてるだけの「褐色脂肪細胞ダイエット」

翌日には2キロ減!米セレブが勝負前に必ず行う入浴法とは

超簡単!「平子理沙ボディ」になれる入浴後のオイルケア 

※ 1日たった10秒!驚くほどお腹がへこむ「体幹トレーニング」

 

【姉妹サイト】

※ なんと74%が重要視!目標を達成する近道は「美しさが重要」な理由

※ こだわり派こそ注意!髪と頭皮に表れる「シャンプー変え時」5つのサイン

 

【参考】

交通事故よりも多い!?寒暖差による“ヒートショック”に要注意! – 株式会社LIXIL