お酒で体が壊れる前に!「女が選ぶべき肝臓に優しいつまみ」5選

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

shutterstock_218626861

お酒を飲む機会が増えるこの季節。気になるのは、“増え過ぎた体重”だけではありません。女性が知らず知らずに傷めてしまうのが肝臓です。

アルコールの代謝を担っている肝臓は、飲酒量が増えるほど負担が増えますが、女性は男性に比べてより少ない飲酒量で、しかも男性の半分とされる期間でアルコールの害を受けてしまいます。その結果、アルコール依存症や肝臓障害、すい臓障害など、アルコール性の内臓疾患にいたることもあるのです。

そこで、サニーヘルスが、ダイエット情報発信サイト『microdiet.net』にて行った調査レポートを参考に、肝臓の機能を高めてくれて、アルコールの代謝を助けてくれるおつまみを5つご紹介します。

 

■1:しじみ

しじみにはアラニン、グルタミン、タウリン、オルニチンなど様々なアミノ酸がたくさん含まれています。特にオルニチンは、ほかの食品と比べてもトップクラスの含有量。しじみのエキスを丸ごと摂れるしじみの味噌汁をお酒の締めに頂きましょう。その際は身も残さず食べると尚よいです。

 

■2:イカ、タコ、貝類

栄養ドリンクで知られているタウリンを多く含むイカ、タコ、貝類は、肝臓のアルコール分解を促進します。お刺身や寿司などで摂ればヘルシーです。率先しておつまみに選ぶのがベター。

 

■3:魚、低脂肪の肉、卵、大豆・大豆製品

魚、低脂肪の肉、卵、大豆・大豆製品のタンパク質は、肝臓の修復や再生に必要な必須アミノ酸が多く含まれています。特に大豆・大豆製品は必須アミノ酸だけでなく、アルコールの代謝を助けるビタミンB群や、その他のミネラルも豊富に含まれています。

植物性食品は、コレステロールを含んでいない点でも優秀です。枝豆もおつまみに最適。

 

■4:ゴマ

ゴマに含まれるセサミンの抗酸化作用は、肝機能を高め、肝臓の負担を減らしてくれます。ゴマ油を多用する韓国料理やゴマ和えなどもOK。

 

■5:海藻類

わかめや昆布、もずくなど海藻類のぬめり成分・フコダインは、二日酔い防止にもおすすめ。海藻サラダ、わかめの酢の物、もずく酢、おでんの昆布を食べるようにしましょう。

 

肝臓を酷使すると疲れやすくなり、全身の不調とつながっていきます。お酒を飲む際には適量に留めておくことはもちろん、これらの食材をおつまみに選んで、肝臓のケアをしつつ身体の負担を減らしてあげましょう。

 

【関連記事】

最悪の組み合わせ!? 「お酒が悪者になっちゃう」NGおつまみ5つ

クセになる美味しさ&美容効果もあり!ハワイ流ピリ辛おつまみ

最強おつまみ1位の「枝豆」をさらに美味しく食べるコツ

これで肌も輝く!マッコリと一緒に食べるべき美的おつまみ

※ 【動画あり】ペチャ&デカ鼻を「鼻筋美人」に!ノーズシャドウテク

 

【姉妹サイト】

※ 時間がなくてもコレで変わる!「子どもの心に響く叱り方」2つのポイント

※ 男性がちょっとした風邪でも大騒ぎするナゾが科学的に解明された!

 

【参考】

※ 「飲みすぎがちな忘年会シーズンに選びたい体に優しいおつまみ5選」 – サニーヘルス株式会社