いつまでも若くいたいよね?髪の毛で若返る7つのコツ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回、実年齢よりもお肌年齢を減速させるお話をしましたね。実は、お肌と同様に髪の毛の老化も、日常ケアのひとつで変わってくるのですよ! そこですぐに取り入れられる、髪の毛の老化予防ポイントを7つご紹介します♪

 

年齢と共に、若々しさを失っていく髪の毛。顔がもし絵画であったのなら、髪の毛は額縁です。素敵なメイクがより良く魅せる効果が髪の毛にはあるのです! 髪の毛もキレイにすることで年齢の印象が大きく変わります。弾力があって、ツヤがあってしなやかな髪の毛は、とっても若々しく見えるものなのですよ。

いつの間にか、あのキラキラしていた天使の輪は消えて、ブラシを見ると白髪もちらほら。髪の毛のコシやツヤもなくなってくるもの。ボリュームも出なくて髪の毛はぺたんこ……。お肌や体型は、メイクや服装でカバーできますが、髪の毛は難しいと思います。なので、以下のポイントを参考にして老化を遅らせるよう心がけてみましょう!

 

■1. 濡れた髪の毛で寝ない!

『現役美容師に聞いた!モデルのような美髪を保つ5つの秘訣』にもある通り、髪の毛が濡れたまま寝てしまうと、枕や寝具で擦れてキューティクルが傷んでしまいます。乾かさないでタオルで巻いて寝る人も、頭部の蒸れの原因にもなるので要注意です。しっかり乾かしてから寝ましょう。短い時間で髪を乾かす方法は、『【今すぐできる節電・節水美容法】ドライヤー秘テクで髪を3倍速で乾かす!「ヘアケア編」』をどうぞ。

 

■2. 朝シャンはしない!

『夏に要注意!「ツヤ髪から遠ざかる」生活習慣3パターン』でもご紹介しましたが、睡眠時に皮膚の新陳代謝が高まり、毛髪も成長しやすくなるので、夜は髪の毛を清潔にする必要があるのです! また、朝は時間に追われ、すすぎが十分できない場合もあります。整髪料や頭皮が脂っぽい人は特にそうですが、顔と同様に頭皮の汚れもその日のうちにきれいに落とすようにするのが若さを保つポイントですよ。

 

 

 

■3. 睡眠をしっかりとる!

ストレスを抱えていると、ホルモンのバランスが乱れてしまうので、全身の血行が悪くなってしまいます。これに頭皮の血行も影響を受けてしまうので、ぐっすり眠ってストレスをためない生活を心がけましょう。一般的に、お肌のゴールデンタイムは夜10時から深夜の2時の間と言われています。これはお肌と同様、髪の毛にとっても一緒です。早寝、早起きの習慣をつけましょう!

 

 

 

■4. 正しいブラッシングをする!

まずブラシは自然素材で先が丸くて、ピンとピンの間隔が広めのものがベターです。とかす時は、毛先の方から軽く行いましょう。その後、髪の毛の中間からとかして、次に頭のてっぺんから毛先へとかします。頭のてっぺんをとかした後は、『これはビックリ!とかすだけで髪もお肌もツルツルになるブラシ』を参考に髪の毛をとかしてみてください。但し、過剰なブラッシングは、切れ毛につながるのでやりすぎないようにしてください。

 

■5. 正しい洗髪方法でシャンプーする!

シャンプー前にブラッシングすることが大事です! 『これでバッチリ「髪のトラブルが防げる」7つのコツ【洗い方編】』にもありますが、その後、お湯だけで1分間の洗います。シャンプーはその次! シャンプーをつける時は、髪にいくつも少しずつつけて、それぞれの位置で泡立てるのが正しい洗髪方法です。

 

■6. 頭皮ケアを定期的にする!

白髪や抜け毛を予防するには、頭皮をケアして血行を良くすることも大事です。『socie』『表参道e.b.c.c.』のような頭皮ケア専門サロンに行ってみてプロにケアしてもらうのが一番ですが、『「自宅でできる」簡単な老け顔予防の頭皮セルフケア』に自宅での頭皮ケアテクニックをまとめているので、これを参考にして空いた時間に頭皮もマッサージするようにしてみてください。

 

■7. 白髪・抜け毛予防の食べ物を摂る!

『今すぐ始められる白髪・抜け毛の対策法まとめ』にも書きましたが、白髪対策としてタンパク質・亜鉛・銅、抜け毛対策としてビタミンB・カルシウム・メチオニンの入っている食べ物を摂取するようにすることも重要です。

 

いかがでしたか? 早速、取り入れていつまでもツヤツヤな髪の毛をキープしてくださいね♪