恐怖!熟睡してても…みるみるおブスになる「睡眠中のNG習慣」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美容のために必要なのが、きちんと寝ること。しかし、よく寝たにも関らず、次の日の朝、鏡を見てみるとキレイになっているどころか、シワがあったり、顔色がどんよりしていたり……。

その理由は、もしかしたら寝ている時のNG行動にあるかも。今すぐ自分もしていないか、チェックしてみて下さい。

 

■1:寝ている時の姿勢にこだわらない

睡眠中の美容としては、首のシワができないように枕を使わなかったり、枕カバーをシルクのものに変えたり、とこだわる女性が多いと思います。しかし、顔のシワに関してはどうですか? 実は顔のシワは紫外線のダメージや加齢だけでなく、寝ている時の姿勢によっても作り出されてしまいます。

うつぶせで寝ている場合は、顔が思い切り枕に面しているため、シワが作られてしまう最悪の姿勢。また、横向きで寝ている場合は、縦の線を作り出し、主にほうれい線やマリオネットラインなどを強調させてしまいます。

そのため一番良いのは、仰向けで寝ること。仰向けなら顔が枕と接触していなので、シワがクセになることなく、ニキビや吹き出物ができることも防げます。

 

■2:“シンデレラ睡眠”にとらわれすぎ

午後10時から早朝2時までの”シンデレラタイム”。その時間に寝ていれば、新陳代謝を高めてくれる成長ホルモンが活発に分泌され、美しさも作られるといわれています。

もちろんその間に寝ることは好ましいことですが、ただ一番大事なのは、時間よりも質です! というのも、時間ではなく、深い眠り(ノンレム睡眠)こそがホルモンの分泌を促すからです。

つまり、たとえ頑張って午後10時前にベッドに入っても、あまり寝付けなかったり、何回も起きてしまうようでは意味はないのです! 深い眠りにつくためには以下のことを心がけましょう。

・寝る前には入浴して身体を温める

・カフェイン入りドリンクは控え、ハーブティーなどノンカフェインのドリンクを飲む

・寝室にラベンダーなどの香りを焚く

・心地良い自然音を流す

・PCやスマートフォンを見るのは止めて、本を読む

など、心地良くできて、自分にとって効果的な方法を色々と試してみましょう。

 

実は筆者もかつては横向きでないと寝られなかったのですが、ある朝起きた後の顔を見たらほうれい線が深くなった気がして、ショックを受け……。それからは意識して仰向けの姿勢をキープして寝るようにしています。

なかなか寝る姿勢を変えるのは難しいことですが、美容のために姿勢を意識するようにしましょう!

 

【関連記事】

※ ダイエットにも有効!「寒~い冬の寝起き」が超絶ラクになるテク

ストレスがある時にやりがちな「睡眠中におブス化する」要注意行動

就寝前たったこれだけで!「睡眠時間に美女を作る」ウルトラ美容法

こんな寝方はアウト!みんな誤解してる「勘違い睡眠前習慣」3つ

※ 簡単なのに仕上がりが違う!美容師直伝「イマドキゆるふわカール」

 

【姉妹サイト】

※ 失敗する危険大!「彼と一緒にダイエット」は絶対やってはいけない

※ デキる働き女子はやってる!「仕事効率が劇的にアップする」4つの方法