毎日磨いてもダメ!? 食べると「みるみる歯が黄ばむ」要注意食材

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美しさの条件といえば、ツヤのあるすべすべ肌とともに重要なのが”輝く白い歯”。皆さんも、白い歯を手に入れるために、歯科医院に通ったり、ホワイトニングのアイテムを使ったりなどして、ケアをしていると思います。

そのためコーヒーや緑茶、ワイン、カレーなどステイン(歯に着色する汚れ)の原因になる食事の存在は気になりますよね。

今回は特に、歯の白さを邪魔する“意外な”アイテムとともに、その対処法をご紹介しましょう。

 

■歯の白さを邪魔する食べ物

(1)ブルーベリー、ブドウなどのフルーツ類

スナックやデザートとして食べることも多いブルーベリーやブラックベリーなどのベリー類や、ブドウ、プルーンなどのフルーツ。これらにはエナメル質にくっつき、黄ばみや黒ずみとなる色素が含まれています。

(2)醤油、デミグラスソースなどのソース類

和食には欠かせない醤油をはじめ、バルサミコ酢、さらに、ミートソースやデミグラスソースなどのソース類も、ステインの原因に。

(3)キャンディ

色付きのキャンディを舐めていると、舌がその色に変わることがありますよね? それは舌だけでなく、歯にも同様に色や色素がついてしまうことに……。

(4)抗生物質

かなり意外なのが、テトラサイクリン系の抗生物質の薬。幼児の頃に服用すると、グレー系に歯が変色してしまうと言われ、稀に成人になっても変色をしてしまうことがあるんだそう。こうなってしまうとホワイトニングでも直せないので、きちんと歯科医に診てもらいましょう。

 

■ステインを防ぐには……?

いくらステインの原因となるからといって、それらを全て避ける訳にはいきません。では、これらが歯に付着するのを防ぐにはどうすればいいのか……それは、とにかく水と一緒に摂取すること。食後はもちろん、途中も水を飲むことで色素の付着をできるだけ防ぐことができます。

また、食後から30分後にはステインを取り除いてくれる歯磨き粉を使って、歯を磨くことも忘れずに!

 

せっかくホワイトニングを頑張ったり、効果なアイテムを使っても、普段の食事やケアを気をつけなければ意味がありません。とにかくステインの原因となる食材の時には、水を一緒に摂って、白い歯をキープしましょう!

 

【関連記事】

※ 褐色脂肪細胞をボーボー燃やせ!すぐできる「肩甲骨ストレッチ」

※ 飲み物で歯が溶ける恐怖!健康な歯のためにやってはいけないこと

※ その磨き方…危ない!グラグラの「歯茎老け女」になるNG行為3つ

※ 大腸菌も付着する恐怖!細菌まみれになる歯ブラシのNG保管法とは

※ オナラが口臭に!? 「彼から本命キスがもらえない」NG習慣4つ

 

【姉妹サイト】

※ あのCMの宣伝文句はウソだった!? 歯科医が語る「いい歯ブラシ」とは

※ ソレが危険!働き女子の「雑菌をウヨウヨさせちゃう」NG習慣4つ