子供と●分遊ぶだけで240kcal消費!「太らない正月」の過ごし方

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お正月は、いつも以上に豪華なごはんな上、家でゴロゴロ……。動かない毎日に、気づけば毎年太ってしまう、という方は多いのではないでしょうか? 

しかし、カロリーオーバー、運動不足では新年の幕開けにも、身体・健康にもよくありません!

そこで今回は、パーソナルトレーナーでもある筆者が、お正月太りを防ぐ心がけをご紹介します。

 

■お正月太りが起こる理由と対策

(1)消費カロリーの減少

通勤通学していた毎日から、コタツでゴロゴロとテレビを見るような寝正月の毎日。当然、消費カロリーが減少しています。年賀状は立って読む、初詣に行く前に軽く筋トレをする、などと何か身体を動かす工夫をしましょう。

(2)摂取カロリーが増加

炭水化物のエネルギー量は、白米(玄米)、餅、食パンの順で高くなります。お餅の食べ過ぎには注意しましょう。また、1日のうちで1度豪華な食事をするならば、その前後の食事では、白米や肉の量を少し減量させるなどして、3食暴食に走らないように気を付けましょう。

(3)塩分や糖分の過剰摂取

おせち料理は、醤油、みりん、砂糖など、塩分や糖分が多く使われています。動かない上にこういった調味料を多く摂取することで、身体のむくみに繋がります。

湯船に毎日つかることや、ジュースやコーヒーなどではなく水やお白湯を適宜を飲むこと、そして野菜(カリウム)を1日350gは摂取して、ナトリウムを排出してむくみ対策を行いましょう。

 

■1日240kcalを消費させる

どうしても消費エネルギーの調整ができない方は、毎日240kcal減量生活を行いましょう。『美レンジャー』の過去記事「トレーナーが秘密を明かす!効率的に体脂肪を落とすノウハウ【前編】」でもご紹介しましたが、1日240kcalを消費させることで、1か月で1kgの減量が可能になります。

いつも食べ過ぎで太ってしまう方は、240kcalの活動量を目安に消費させるといいですね。

 

■240kcal分の消費例(女性20歳代、体重50kgの場合)

それでは、240kcalを消費するための活動例をご紹介します。

(1)ボーリング約90分

新年会の二次会は、別の飲み屋ではなく、ボーリングにしましょう。

(2)子供と約60分遊ぶ

甥っ子や姪っ子がいる方は、面倒くさがらずに遊んであげましょう。

(3)屋内の掃除を約90分

大掃除はできましたか? もしできていない方は、家の掃除を行いましょう。

(4)ランニングを約25分

ちょっとでも、近所を軽く走りましょう。気分も爽快になるはずです。

 

太るのは、単純に消費量より摂取量が多いことが原因です。食べ過ぎには十分に気を付けながらも、お正月ならではのエネルギー消費活動で、お正月太りを食い止めてくださいね。

 

【関連記事】

※ 食後の眠気も体のSOS!デブ化だけじゃない「食べ過ぎ」症状3つ

※ やっぱ毎日食べよ!ド定番「おにぎり」がダイエットに超絶いいワケ

※ トレーナーが秘密を明かす!効率的に体脂肪を落とすノウハウ【後編】

※ これ私のコト!? 体にも負担大「姿勢ブスな歩き方」4パターン

※ 【動画あり】ペチャ&デカ鼻を「鼻筋美人」に!ノーズシャドウテク

 

【姉妹サイト】

※ 起床して15分が勝負!簡単に「脳を目覚めさせる」朝の絶対習慣5つ

※ 残業は無意味!? 「起きて15時間」で脳は飲酒時と同レベルの働きに