「痩せた分はエネルギーに」は間違い!憎き脂肪の超意外な行方とは

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエットをして痩せたとき、無くなった脂肪は何に変わると思いますか? 多くの人は「エネルギーとして消費される」と思っていないでしょうか。

でも実はこれ、誤解している人が多いのですが、間違いなんです。

では、消えた脂肪は何になっているのでしょうか? 脂肪の行方を知れば、ダイエットだってもっと面白く楽しめるかもしれませんよ。

 

世界中で誤解されている説

オーストラリアのニューサウスウェールズ大学の教授らが、今回発表した脂肪に関する論文の中で、医師やジムトレーナーなど150人にアンケートをとったところ、「脂肪はエネルギーとなる」と答えた人は、実に50%にも上ったとのこと。

しかしこれは間違った事実で、専門家ですら誤解しているセオリーなんです。

 

大部分の脂肪は二酸化炭素に

今回発表された内容によると、大部分の脂肪は、二酸化炭素となって空気中に放出されるというのです。

もともと脂肪は、炭素と水素、酸素の組み合わせでできています。ですから、その脂肪が分解されると水と二酸化炭素になるというわけ。

原子レベルで考えると、10kgの脂肪を減らした場合、そのうちの8.4kgは二酸化炭素となって、呼吸を通して空気中に蒸発されます。残りの1.6kgは尿や汗、涙などの水分となるのです。つまり体重が10kg減ったら、普段の呼吸で約8.4kg分の二酸化炭素を排出しているということなんです。

 

ダイエットで地球温暖化?

この原理に基づくと「呼吸をすればするほど痩せる?」と思われがちですが、この答えはノー。新陳代謝で使われる呼吸以上に、息をしたところで、めまいや息切れ、過呼吸などを引き起こしかねません。

また、仮にダイエットに成功した人がたくさんいたとしても、それで二酸化炭素がたくさん放出され、地球温暖化にまで影響することはありません。

人間から蒸発する炭素は、数ヵ月後から1年後には植物などが取り込み、食べ物などになってまた私たちが口にすることになる、という自然のサイクルができています。

 

もしも、自分が口から出す二酸化炭素に色がついていて目で見えたら、脂肪が消えていくことを実感できて、ダイエットももっとやりやすいのでしょうね。

 

【関連記事】

※ 1日たった10秒!驚くほどお腹がへこむ「体幹トレーニング」

満腹感だけじゃない!ダイエットを後押しする「かさ増し食材」3選

医師に直撃!血糖値をあやつる「食べ順ダイエット」がナゼいいか

冷たッ…で脂肪燃焼!「やせたい部分に30分保冷剤」米研究で判明

あえて「冷や飯」いただきます!ダイエット中のお米の食べ方新発見

 

【姉妹サイト】

※ 1つだけじゃダメ!美ボディを作るには「4種の運動」が大切だった

※ イラっときたらコレ!オフィスで「ストレス速攻発散」する4つの技

 

【参考】

When you lose weight, where does the fat go? Most of the mass is breathed out as carbon dioxide, study shows – Science Daily