恥ずかしがってたアレも!「実はカラダにイイ」驚き習慣3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日生活していると、「カラダに良さそう」「カラダに悪そうだから止めておこう」などと、カラダに良い・悪いを基準に物事を判断してしまうときがありますよね。

ところが、その判断、間違っているかもしれません……!

そこで今回は、“健康に悪そうに見えて、実はカラダに良い驚きの習慣”をご紹介します。

 

■1:貧乏ゆすり

「イライラしている」といったイメージをもたれ、注意されたらちょっと恥ずかしい貧乏ゆすりですが、実は女性にとっては嬉しい効果が期待できるとのこと!

国立長寿医療センターの中村室長の調査によると、貧乏ゆすりを続けることで血行が良くなり、たった5分間で平均約2度も皮膚温度が上昇したそうです。

また、ふくらはぎ周辺に溜まった体内の水分や血液が心臓に押し戻され、むくみ改善効果も期待できるそう。

 

■2:ポップコーン

日本でもブームのポップコーンですが、科学的に見ても太鼓判だそう! ペンシルベニア州のScranton大学で行われた研究では、ポップコーンには豊富な食物繊維と、果物や野菜よりも抗酸化剤が含まれていることが明らかになりました。

ポップコーンを食べることで、1日に必要な全粒穀物の約70%以上を摂取できるとし、ジョー・ビンソン博士は、ポップコーンを「栄養たっぷりのゴールドフード」と話しています。

 

■3:朝の営み

夜の営みではなく朝の営みをすることで、カップルの親密さがより増すとの驚きの研究が発表されました。

性に関するアドバイザー研究者のDebby Herbenick博士によると、朝に性行為を行うことで心地良さを与える化学物質オキシトシンが放出され、その日1日カップルの親密さが向上するとのこと。

また、性行為によって免疫系が増強され、インフルエンザなどの感染を防ぐ抗体の働きを強くするほか、同時にエストロゲンのレベルを押し上げる化学成分が放出され、肌や髪、爪のコンディションを良くする効果があるよう。まさに、朝の営みが人を健康に、美しくしてくれるのだそう。

 

いかがでしたか? どれも、実はカラダに良いと知って驚かれた方も多いのでは? 機会があれば、ぜひ実践してみてくださいね。

 

【関連記事】

※ 1日たった10秒!驚くほどお腹がへこむ「体幹トレーニング」

※ 巧みな心理トリックが蔓延!「健康そうな言葉」に騙されない心構え

※ 健康な食生活をしてる自覚のある人ほど陥りがちな落とし穴とは?

※ ピンク色なら良好!「アソコの色」を見るだけで分かる健康状態

※ 簡単なのに仕上がりが違う!美容師直伝「イマドキゆるふわカール」

 

【姉妹サイト】

※ 2015年に流行りそう!美人はもう始めてる最新「健康トレンド」5つ

※ 弁護士がぶった斬る!法的措置がとれる「ありがちパワハラ」事例2つ

 

【参考】

※ Popcorn: The snack with even higher antioxidants levels than fruits and vegetables – Science Daily

How a spot of morning passion can make you glow all day long – Mail Online

過去のマンスリーレポート-国立長寿医療研究センター