砂糖の代わりに「身近なアレ」!肉じゃがも美味しくヘルシーに

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「代謝が悪くなってきたのか、なかなか痩せない……」そんな悩みを抱えていませんか? がんばってスイーツを絶っているのに、運動しているのに、思うように痩せないなら、いつもの食事を見直しましょう。

煮物には砂糖が欠かせないと思っている方は多いでしょう。たしかに、おいしい煮物に甘みは不可欠です。でも、痩せたいのなら、砂糖はNG! その代わりに、あるものを使えば甘みがちゃんと出せるのですよ。

 

■砂糖の代わりに使うべきは身近なアレ!

「砂糖なしで煮物なんて、おいしくなさそう」と思う方もいるかもしれません。でも実は、むしろお肉が柔らかくなったり、旨味が増したりするなど、おいしさもアップする方法があるのです。

砂糖の代わりに使うべきは、ズバリ! りんごです。りんごをすって入れるだけで、十分甘みを出すことができます。りんご果汁は砂糖よりもGI値が低く、腹持ちがよいのでダイエットに最適。それだけでなく、すったりんごをそのまま入れることで、食物繊維を一緒に摂ることが可能なので、お腹もスッキリ!

残念ながら、りんごに含まれる美容にうれしいペクチンや、りんご酸、クエン酸、カリウムといった栄養素は熱に弱いため、煮物に使う場合はあまり吸収が期待できません。煮物の甘みに使った残りを、生で食べるとよいでしょう。

 

■こんな料理と相性バツグン!

煮物ならだいたいどの料理でも、りんごで甘みを出すのに適しますが、とりわけおいしく感じるメニューをご紹介しましょう。

(1)牛丼・豚丼

豚肉、人参、玉ねぎを炒め、甘辛い味付けで仕上げる豚丼。すりおろしりんごで甘みをつけると、お肉が柔らかくなり、まろやかな味に仕上がります。あの大手チェーンの牛丼には、隠し味にりんごが入っているという噂も!

(2)肉じゃが

肉じゃがにすりおろしりんごを加えると、やさしい甘みを出すことができます。煮物の甘さが苦手な方も、りんごを使ってほのかな甘みに整えれば、おいしく食べられるでしょう。

(3)かぼちゃの煮つけ

かぼちゃとりんごは相性抜群! 砂糖の代わりにりんごを使えば、ほっこりした煮つけに仕上がります。

 

砂糖の代わりにすりおろしりんごを使えば、きっとダイエットがうまくいくはず! ぜひ試してみてくださいね。

 

【関連記事】

※ 飲み会後の肌荒れとおサラバ!居酒屋でお酒と共に注文すべき食べ物

※ 【動画あり】ペチャ&デカ鼻を「鼻筋美人」に!ノーズシャドウテク

※ 満腹感だけじゃない!ダイエットを後押しする「かさ増し食材」3選

30歳越え男女は毎日摂って!「アレの減少を防ぐ」身近な飲み物4つ 

※ 食べれば食べるほど「むくみがなくなる」低カロリーな食材とは?

 

【姉妹サイト】

※ 下腹ぽっこりの原因はコレ!憎き内臓脂肪がつかない食事テクがあった

※ 簡単ゴージャス!疲れた自分に作ってあげたい「ごちそうフレンチ」レシピ3つ