ミランダ実践!長時間フライトで肌・身体疲れなし「機内美キープ」術

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週末は三連休。飛行機に乗って、旅に出掛ける方もいるのでは? しかし、機内はかなり乾燥する場所。さらに機内での食事が、肌や身体の調子を左右することも……。

今回は、常に美しくいるために気をつけておきたい機内の行動、さらにフライトに慣れているモデル達が、美のために行っていることは何なのかをお伝えします。

 

■機内食に注意して!

機内で出される食事は、航空会社によって異なるものの、塩分の多いスナックや、糖分の多いスイーツ、さらにアルコールと危険なトラップがいっぱい。あれこれすべてを口にしていると、水分不足になって乾燥やむくみ、さらには身体が重く感じたり、不調を感じてしまうことも……。

そうならないためにも、以下を守りましょう。

(1)間食はアーモンドやダークチョコレートなど自分自身で用意する

(2)機内食は8分目で済ます

(3)アルコールは避ける

(4)ドリンクはお水。できるだけたくさん飲む

(5)栄養バランスはサプリで補う

 

■モデル流! 機内で美しさをキープする術

ミランダ・カーらモデルたちが口を揃えて言うのは、「機内に着いたらすぐにシートタイプのメイク落としを使い、その後たっぷりクリームを塗って保湿する」ということ。

さらに、血流の滞りを防ぐためにも、身体にぴったりしたジーンズなどは履かず、できるだけゆったり・リラックスできるファッションにすること、そして乾燥を防ぐためにも靴下はもちろん、上着も用意しておきましょう。

さらにミランダが必ず持っているというのが、飛行機内でもきちんと睡眠を取るためのアイマスク。そしてフードもかぶって完全防備で寝るのだそう。飛行機から降りた後の対策として、サングラスもマストだと語っています。

また、ジゼル・ブンチェンは必ず通路でストレッチするとのこと。さすがにこれはちょっと出来ないかもしれませんが、座りながらでも身体をストレッチしたり、機内の中を迷惑にならない程度で少し歩いてみたりして、身体を動かすのも大事なようです。

 

目的地に着いたら肌や身体の調子が悪くなった……なんて最悪のことが起きないためにも、フライト中でも気を緩めずにケアを行いましょう!

 

【関連記事】

肩こり知らずで旅快適!エコノミー症候群も予防「搭乗前エクサ」

週末1泊でも大満足!達人オススメ「全身が喜ぶ」デトックス旅3選

※ 非常識ですよ!「結婚式・旅館・鍋パー」秋冬イベント別NGマナー

お茶パックをアクセ入れに!? 100均で買える意外な旅グッズTOP3 

【動画あり】ペチャ&デカ鼻を「鼻筋美人」に!ノーズシャドウテク

 

【姉妹サイト】

※ 藤原紀香や吉瀬美智子も愛用する「奇跡の蜂蜜」がスゴイらしい!

※ もうひび割れとは無縁!乾燥知らずの「デキる艶唇」になるケア方法

 

【画像】

Doutzen Kroes – Instagram