潤わない理由…分かった!「保湿がムダになる」NGケア5つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

とにかく乾燥しがちなこの季節は、たっぷりのクリームを塗って保湿することが重要。

しかし保湿しているのにも関らず、なかなか思ったような潤いやもち肌を得られていない……と感じたことはありませんか? そんな時は、いま行っているスキンケアにちょっとした間違いがあるかもしれません。

今回は、冬にやりがち! 勘違いNGケアについてご紹介します。

 

■今すぐ見直して! 冬にやりがちなNG スキンケア

(1)洗顔を行わない

冬は汗もかかず、肌は常に乾燥している状態。だからこそ、洗顔をお湯のみにするのが潤いをキープする方法だと思いがち。しかしそれは間違いです。冬でも肌の表面には汚れや皮脂が溜まっており、これらはきちんと洗顔しないと落ちません。

また、洗顔をしないと後の保湿ケアも奥まで浸透されません。できるだけ優しい清浄成分の入った洗顔料で朝晩洗顔を行いましょう。

(2)角質ケアを行わない

洗顔同様に、冬は角質ケアを怠りがちな人がちらほら。しかし乾燥などで乱れたターンオーバーを促すために、角質ケアは必須です。保湿しても乾燥肌のままの人は、まず角質ケアを優しく行いましょう。

(3)アルコール入りの化粧水を使っている

毛穴の引き締めとして化粧水によく使われているアルコール成分。しかしこの成分は、皮脂膜を取り除いてしまう恐れがあります。だからこそ、アルコール成分が入った化粧水を多用していると、いつまでたっても乾燥しがちな肌に。

今すぐ自分の使っている化粧水に、アルコールが入っていないか確かめてみましょう。

(4)お湯の温度が熱過ぎる

外の気温が低いため、夏よりもお湯の温度の設定が高めになりがちなこの季節。しかし、温度が高いお湯ほど肌の潤いを奪ってしまいます。洗顔の際やシャワーの際は、ぬるめのお湯を使うようにしましょう。

(5)保湿クリームの量が少な過ぎる

高価なクリームを使う際は、なかなかもったいなくてチビチビと使いがちに。しかし、それではせっかくの保湿効果も半減してしまいます。必ず、パッケージなどに書いてある適量を使うようにしましょう!

 

潤い肌を得るには、保湿だけが重要と思いがちですが、他のケアも大事ということを忘れてはいけません。潤い不足を感じているなら、今すぐ他のケアも見直してみましょう。

 

【関連記事】

※ しょぼぱい一直線!「バストがみるみる萎む」やりがちNG習慣3つ

やった人から確実に脱乾燥!冬でも「肌が潤う人の暮らし」6か条

使い切れてなかった!みんな持ってる「リップバーム」活用法5つ

カサカサだけじゃない!荒れた心も潤う「用途別・アロマレシピ」

※ 【動画あり】リップでOK!「夕方のくっきりほうれい線」カバーテク

 

【姉妹サイト】

※ 黄ばみとサヨナラ!笑顔美人がやっている「自宅で歯を白くする」秘策

※ ヤバ…やってた!冬の「ガサガサかかと」を悪化させるNG習慣3つ