1週間で3kg減も!? 脂肪メラメラ燃焼「痩せ子が好む」最強朝食5つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1日の始まりである朝食。「食べないと元気がでない!」という方も多い一方で、「朝からそんなに食べられない……」なんていう方もいますよね。

ところが、ほっそり痩せ子は、朝食にこそ、力を入れているのをご存知ですか?

そこで今回は、脂肪がメラメラ燃焼する“痩せ子が好む!最強朝食”をご紹介します。

 

■1:ホットヨーグルト

ヨーグルトをレンジでチンするだけで完成の“ホットヨーグルト”。簡単なのに、その美容効果が凄いと話題になっています!

腸を冷やさないので胃腸が元気になり、便秘解消効果が期待できるカルシウムの吸収率が上がることで、ダイエット効果があるとされています。さらに、腹持ちがよいのでその後の食事を抑えることができるなど、女性にとって嬉しいことばかりです。

 

■2:焼きバナナ

朝食に摂ることの多いバナナも、焼くことでさらに美容効果が! オリゴ糖がパワーアップすることで腸に吸収されやすくなり、腸内環境を整えます。他にも、コレステロールの上昇を抑制し、ダイエットを手助けてしてくれます。

加熱すると甘味が増すほか、抗酸化作用がアップしますよ。

 

■3:焼きトマト

トマトに多く含まれるのは、体内の不要物を取り除き、血液をサラサラにする働きのあるリコピンです。加熱することでこのリコピンがより吸収しやすくなり、代謝を高め、脂肪燃焼効果を促進させます。筆者も過去、1日1個の焼きトマトで、1週間で-3kgのダイエットに成功した経験が!

 

■4:おにぎり

『美レンジャー』の過去記事「やっぱ毎日食べよ!ド定番“おにぎり”がダイエットに超絶いいワケ」では、お米を食べるならおにぎりがよい理由をご紹介しました。

日本人はお米を分解してくれる、酵素“アラミーゼ”を多く分泌できるとされています。おにぎりの代表具である梅干しもまた、唾液を多く分泌しやすくする食材として、未消化の余分な脂肪を増やさずにすむのです。

 

■5:甘酒

永作博美さんも毎朝飲んでいるという甘酒。実は美肌効果だけでなく、ダイエット効果も期待できるのです。甘酒に含まれるビタミンB2は、脂質の代謝を上げ、脂肪を燃焼しやすくしてくれます。

 

いかがでしたか? 朝食でエネルギーをチャージしつつ、食べても燃焼できるメラメラボディを手に入れてくださいね。

 

【関連記事】

※ 体質を見直したい!本格派酵素で-3kgを目指すダイエットって

※ 教えて欲しかった!「ほっそり痩せ子」は断じて食べないNG朝食5つ

※ ダイエットになってない!実は「朝食に向かない」太りやすい食べ物

※ ダイエット大国から日本初上陸!あの有名海外セレブも大絶賛の発酵エキスとは

※ 【動画あり】朝の3分で可能!夜まで「崩れない最強前髪」の作り方

 

【姉妹サイト】

※ 残業は無意味!? 「起きて15時間」で脳は飲酒時と同レベルの働きに

※ 起床して15分が勝負!簡単に「脳を目覚めさせる」朝の絶対習慣5つ