世界初!テープで肌がわかる。皮膚科でできる「無料の最新肌測定」とは

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テープを貼っている様子画像

百貨店やドラッグストアのコスメコーナーではなく、皮膚科で、しかも無料でお肌の測定をしてくれる方法があるとご存知ですか? 単に肌の水分量や皮脂量を測定するものではなく、自分の肌質や炎症の起こりやすさなどがわかる、世界でも画期的な測定なんです。

そんな最新の肌測定法についてご紹介しましょう。

 

■全国の皮膚科で設置拡大中の「角層バイオマーカー測定」

今回ご紹介する肌診断は『角層バイオマーカー測定』というもので、全国の皮膚科でこの測定を受けられるところが増加しています。

『角層バイオマーカー測定』は、肌表面にある角層のたんぱく質を科学的に分析して、お肌の乾燥しやすさや肌トラブルの起こりやすさを知ることができるというもの。

百貨店のコスメコーナーなどで行っている肌診断は、お肌の水分量などを単に測るだけなのに対して、この測定では自分の肌質そのものが乾燥しやすい状態なのか、トラブルが起きやすい状態なのかを知ることができるのです。

WS000000

「自分がどのくらい乾燥しているかを理解することで、スキンケアの必要性を再認識できるし、スキンケアのやりがいにもなる(野村皮膚科医院の野村有子院長)」と、皮膚科専門医もこの測定の利用を後押し。さらに「自分の肌を知るきっかけになった」「結果がとても詳しくわかりやすいものだった」と実際に診断を受けた人にも好評です。

 

■テープを張るだけの簡単測定方法。結果は自宅に届きます

『角層バイオマーカー測定』の測定方法はとっても簡単で、専用のテープを頬骨のところに張って、はがすだけ。皮膚科で診察を待っている間に行うことができ、結果は2週間以内に郵送で自宅に届きます。

この診断結果をもとに、スキンケアの方法やアイテムの選び方を医師からアドバイスしてもらうこともできます。さらに嬉しいのは、皮膚科なら無料でこの診断を受けられるという点。ファンケル銀座スクエア5階にある「未来肌研究室」ではこの測定は有料となりますが、お肌の調子が悪いときなど皮膚科に出かけたついでに、気軽に試してみることができます。

『角層バイオマーカー測定』を受けられる皮膚科や、その他のお問い合わせはkakusou@fancl.co.jpで受け付けています。またバリア機能が低下している結果が出た乾燥敏感肌の方には、ファンケル独自の保湿保護成分とセラミドを配合したスキンケアシリーズ『無添加 FDRシリーズ』のクリームの2週間使用がおすすめです。

 

きれいな肌になるためには、自分の肌タイプを知ることが第一歩。世界に先駆けた最新の肌診断を利用して、トラブルに負けない美しいお肌を手に入れましょう。