デキない女と言わせない! 年末年始「手土産が要るシーン」再確認

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本人のマナーとして、挨拶に出かけるときや家に招かれたときに持って行くべきなのが、ちょっとした手土産。かしこまった場面やビジネスシーンで必要なのはわかりますが、実家に帰省するときや親戚の家に行くときだって、手ぶらはタブーと知っていますか?

そんな、つい忘れてしまいがちだけれど、きちんと手土産を持っていくべき大切なシーンについて、改めて学んでおきましょう。

 

彼の実家へ行くとき

結婚する前のカップルで、彼の実家へ遊びに行くときは何か手土産を持参するのがマナー。予め、家族の好みなどを彼に聞いておき、喜ばれるものをチョイスしておいたほうが良いでしょう。

また、彼が彼女の実家に遊びにいく場合も同様。彼が手ぶらで出かけたら、彼に対するあなたの家族の株が下がってしまう可能性があります。手土産を用意するように彼にさりげなくアドバイスしてあげましょう。

 

結婚したカップルが帰省するとき

これはケースバイケースのことが多いですが、結婚したカップルがお互いの実家へ帰るときも、基本的には手土産は必要と考えておきましょう。

頻繁に帰省している場合や、家族の関係によって、不必要なこともあるかもしれません。しかし、手土産は形だけのものではなく、相手を思う気持ちから来るもの。「いらないわよ」と言われても、相手が喜ぶものをあげれば、嬉しい気持ちにならない相手はいないでしょう。

 

友人・知人の家に招かれたとき

学生だったらまだしも社会人になって人の家に手ぶらで出かけたら、たとえ親しい仲でもアウト。親しい仲なら手土産の中身を、よりカジュアルなものにするなど工夫してみてはいかがでしょう?

 

手土産を印象づけるプラスアルファ

小さなメッセージカードで「いつもありがとうございます」「今年もお世話になりました」など感謝の気持ちを添えると、形式ばったものではなく贈り手の気持ちが伝わり、より印象深いものとなります。

 

手土産を持って挨拶することは、社会人としてのマナー。これを一度忘れるだけで、“できない女性”とレッテルを貼られてしまいかねません。年末年始は、ご挨拶の場面も多くなります。いまのうちに、しっかり準備しておきたいですね。

 

【関連記事】

「手土産」と「おもたせ」は違う!? 知らないと恥ずかしい手土産マナー

あ…まだ食べちゃダメ!知らないと恥をかく「大人のマナー」まとめ

え…やってたよ!カレの箸も止まる「NG食事マナー」まとめ

あんな嫁いらないわ!彼ママ激怒「敵に回す」絶対NGマナー6つ

※ 【動画あり】驚くほど簡単なのに華やか!ゆるふわヘアアレンジ3つ

 

【姉妹サイト】

※ 人気モデルおすすめ!年末年始にベストな「お取り寄せ手みやげ」3つ

※ 年末ストレスを撃退!働き女子を癒す「脳にやさしい」6つの食品