明け方までぬくぬく!プロ直伝「少ない寝具でも暖かい」快眠術

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

冬の睡眠の質を高める上で大切になってくるのが寝具。さまざまなお布団がありますが、これらの寝具についてあまり詳しく知りませんよね。

さらに一人暮らしでは、寝具の数も限られてくるもの。そこで、寝具の組み合わせや手持ちの寝具にプラス一工夫で、より暖かくして眠れる方法をご紹介します。

今回は、『Maruhachi睡眠環境ラボ』研究員で、睡眠改善インストラクターの中野祐三子(なかのゆみこ)さんにお話をお聞きしました。

 

■1:毛布は羽毛の上に! 掛ける順番にこだわること

羽毛布団の保温力を上げるコツは、身体の上に直接掛けることです。

「羽毛布団は体温が伝わるとダウンが膨らみ、暖かさが増します。そして体温の熱を外に逃がさないよう、羽毛布団の上に毛布を掛けましょう。この時、羽毛布団の上に掛けるものは、なるべく軽いものがおすすめ。

厚みのあるものだと、羽毛布団がペシャンコにつぶれてしまい、かさ高が減ることで保温性も低下してしまいます」と中野さん。

毛布の代わりに軽いタオルケットを選び、羽毛を膨らませるように胸下から足元にかけて掛けるのも手。羽毛布団の保温力を長く保つためには、表裏、上下まんべんなくローテーションさせて使用するとよいそうです。

 

■2:毛布の特性を知る

肌触りが好きで内側に毛布を掛けたい場合は、素材の特性を理解すること。

「自然素材の綿毛布は眠っている間の汗や湿気を吸い取ってくれるので快適ですが、汗を吸ってしまうと、湿気が増えて保温性が落ちてしまうので、こまめに洗ったり、干したりしましょう。

カシミヤやウールなどの毛布は汗や湿気を吸着すると熱を発生し、吸湿発散性、保温性のバランスが良く、寝冷えを防ぐことができます」とのこと。

 

■3:敷き布団は2枚敷きに! タオルケットを敷く

寒くて眠れない時、掛け寝具や着る服の枚数を増やしてしまいがちですが、実は敷き寝具で保温することが大切。

中野さん曰く、「寝床内の熱のほとんどは、敷き布団を通して逃げていきます。畳やフローリングに敷き布団で眠っている方は、もう1枚敷き布団を重ね、2枚敷きにしましょう。

スプリングベッドや通気性の良いマットレスで眠っている方は、少し厚めの吸湿保温力のあるウールなどの敷きパッドを上に重ねて使用すると、自然な暖かさが得られます」とのこと。

夏場に活躍したタオルケットを敷くのも良いそうです。タオルケットは吸水性もあり、汗も吸いますし、パイル糸に多くの空気を含むので保温力も期待できます。

アクリル素材の敷きパッドは、感触や肌触りにより瞬間的な暖かさは期待できますが、吸湿・発散性に乏しいため長時間使用するとムレて、逆に冷えを感じることがあるので、肩こりや腰痛、冷え性の方や肌の弱い方は注意が必要です。

 

■4:湿気を飛ばし、布団本来の保温力を保つ 

布団が冷たいと感じたことはありませんか? 湿気を含んだ寝具は冷えのもと。

「人間は睡眠中に汗をかき、その水分を寝具が吸っています。湿気を溜め込んだ布団は、体の熱を奪ったり、本来の保温性を損なわせます。

特に冬場は部屋の窓を閉めきったり、加湿器を利用することが多く、寝具に湿気が溜まりやすくなるので、布団乾燥機を利用したり、昼間は布団を椅子等に掛ける、頭側・足側と交互に布団をめくる、ベッドマットレスは下四隅に電話帳などを置いて、風の通りを良くするなど湿気を逃がす工夫し、布団の保温力を守りましょう」と中野さん。

 

少ない寝具でもこれらの工夫で、いくらでも暖かくして眠ることができます。上下の寝具と、湿気や汗を逃す工夫で今年は寒さを撃退しましょう!

 

【関連記事】

ヤダ…頭さえて眠れない!今夜こそ「ストンと入眠する」コツ4つ

※ 午後5時以降はヤバイ!コーヒーが1時間も睡眠を減らすんだって

「眠らないと太る」は本当だった!睡眠不足はダイエットに悪影響

体を温める時間を見直して「睡眠の質を最高にする」コツ

※ 【動画あり】リップでOK!「夕方のくっきりほうれい線」カバーテク

 

【姉妹サイト】

※ 起きたら鼻水…これってどっち?「風邪とインフルエンザ」の見分け方

※ 評価も信用も失墜!働き女子が言いがちな「危険な社交辞令」とは

 

【取材協力】

※ 中野祐三子・・・丸八グループ・『Maruhachi睡眠環境ラボ』研究員、睡眠改善インストラクター。オーダーメイド寝具や安眠のためのグッズを販売する眠りの専門店『08SleepLabo(ゼロハチスリープボ)』をプロデュースする他、睡眠に関する執筆活動やセミナー活動等によって、快適な眠りに関するアドバイスを行っている。著作に『ぐっすり眠りたいあなたのためにヨクネル本』(丸八真綿安眠総合研究所)がある。