●●しないだけ!「乾燥で悪化する肌の痒み」に意外シンプルケア

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

寒い季節になると顔や体が痒くなって、赤みをおびたり、時には湿疹のようになってしまったりしますよね。痒いとつい無意識で掻きむしってしまい、医者に行かないとどうしようもなくなってしまう事態にも発展しかねません。

でもそんな痒みでも、驚くほど簡単でシンプルなケアがとっても効果があるんです。その方法とは一体何でしょうか。

 

寒いとなぜ痒くなるの?

冬に痒みを伴う肌トラブルが増加するのは、気温と湿度の変化が一番の原因。外の気温が高いと体内の血液が循環し、汗をかいて体温を下げようとしますが、外気温が低くなる季節は体中の血管も縮こまってしまいます。そのため、体の表面に栄養が行き渡りにくくなるのです。汗をかかないことも、肌が潤わない原因のひとつ。

これに追い打ちをかけるように、肌にとって厳しい環境となるのが、湿度の低下。夏場に比べて空気は乾燥し、さらに室内は暖房が効いて肌の乾燥に拍車がかかってしまいます。

 

痒み肌に効く意外なケア

粉がふいてカサカサがすすみ、荒れてしまった肌はどう対応したらよいのでしょうか? そんなトラブル肌は洗いすぎ、ケアのしすぎが余計に肌の治りを遅くしている可能性が高いです。

洗顔料やボディソープをタオルに付けて強くこすっていたら、肌のバリア機能は回復するどころか悪化してしまう一方。私たちの肌の表面には肌にとって良い働きをしてくれる善玉菌がいて、肌そのものにも肌の荒れやトラブルを自ら治そうとする治癒力があります。

これらを活かすためには、洗顔料やボディソープなしでお湯だけで流す方法が最適。

過去記事「福山雅治やタモリが実践!ボディソープを使わない本当の理由とは」でも紹介していますが、慣れないうちは洗った感覚に物足りなさを感じるかもしれませんが、これを続けていると少しずつ肌細胞が蘇り、肌が整っていくことを感じられるはずです。

 

冬の肌トラブルに悩んでいる方は、無理に洗ったり、クリームをつけたりせず、肌自身が持つ力を信じて試してみてはいかがですか?

 

【関連記事】

※ 海外の有名セレクトショップバイヤーも驚き! 肌力を見直すコスメって

※ やっぱ毎日食べよ!ド定番「おにぎり」がダイエットに超絶いいワケ

米国美女は絶対しない!「みるみる劣化する」日本女性の勘違い洗顔

まるで粉ふき芋!カサカサ肌が蘇る「湯船にチョイ足し」保湿術

※ 【動画あり】ネイルなしでも!「しっとり美人な手」になる自宅ケア術

 

【姉妹サイト】

※ 放置はヤバい!アレが大きいと「お通じに悪影響」が出ることが判明

※ 10人以上に告られたモテ女子92%には「勝負着替え」があると判明