ゴロゴロしても太らない!「年末年始に太らない裏技」朗報まとめ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おいしいものを食べてのんびりすることで、年末年始は必ず太ってしまう……という女性は少なくないはず。しかし、せっかくのお休みくらいダイエットを考えず、家でゴロゴロしたいですよね。

そこで今回は、年末年始太りを回避するための裏技をご紹介します。

 

■1:朝食は必ず毎朝食べる

人は寝ている間に成長ホルモンが分泌され、脂肪の分解や代謝が行われます。

そんな成長ホルモンの分泌を促進するために欠かせないのが、朝に合成される“セロトニン”という物質。朝食を食べないとセロトニンの量が増えず、成長ホルモンの分泌量が減り、脂肪の代謝が行われなくなってしまいます。

朝食におすすめな食材等は、『美レンジャー』の過去記事「老けるし太る!“朝食抜き”はみるみるオバサン化することが判明」を参考にしてみてください。また、朝食を食べないと体温がなかなか上がらず、代謝も下がってしまいます。しかるべき時間に起きて朝食を食べて活動することも大切です。

 

■2:食べる順番は“野菜”から!

同じ量の食事でも、食べる順番によって脂肪の吸収を最小限に抑えることができます。過去記事「ずるーい!“ちゃんと食べるのに太らない女子”の食習慣4つ」でご紹介した通り、野菜など食物繊維を豊富に含むものから食べはじめることで、血糖値の急上昇を防ぎ、脂肪が吸収されにくくなります。

逆に、空腹時にお米をはじめとした炭水化物から食べはじめると、血糖値が急激に上がり、体に脂肪を溜めやすくなってしまいます。野菜から食べはじめるように意識してみてくださいね。

 

■3:一日5分の体幹トレーニングで脂肪燃焼体質に!

寒い冬はどうしても家にこもりがち。家でじっとしていると代謝が下がり、太りやすくもなってしまいます。そこで、毎日たった5分だけ体幹トレーニングを習慣づけるのがおすすめ。

体幹を鍛えると、適度に筋肉がつくので基礎代謝が高まり、エネルギー消費量が増えます。脂肪の燃焼促進にもつながるので、同じ生活をしていても太りにくく痩せやすい体質になります。過去記事「知らなかった!女性が“体幹を鍛える”と劇的キレイになれる理由」を参考に行ってみてくださいね。

 

■4:食べ過ぎた日は翌日リセット

食べたものが脂肪になるまでの時間は脂質や糖質によって違いますが、余分に摂取した脂質や糖質が脂肪に代わる前にエネルギーとして消費してしまうことで、体に蓄えられる脂肪を最小限に減らすことができます。そこで、食べ過ぎた翌日の対応が重要です。

過去記事「”ドカ食い”をなかったことに!食べ過ぎた翌日やるべきこと5つ」でご紹介したように、食物繊維を多く含む野菜をたくさん食べて老廃物の排出を促進する、カリウムが多い食品を摂って余分な水分の代謝を促進する、カロリー自体を調整するなど、翌日の対応を意識してみてください。

 

どれも気軽に取り入れられるものばかりなので、是非試してみてくださいね。

 

【関連記事】

【動画あり】華奢な二の腕になる!「ねじれ解消ストレッチ」

 

【姉妹サイト】

※ 「チョコを食べるとできる」ってマジ?ニキビにまつわる噂のウソホント

※ 生産性向上の鍵はコレ!「仕事を年内にきっちり片付ける」3つの秘訣