しょぼぱい一直線!「バストがみるみる萎む」やりがちNG習慣3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピンと張ったボリュームのあるバストは、いつの世も女性の憧れですよね。次から次へとバストアップ法が話題になる一方で、バストが大きくなる術があるのなら、しょんぼり微乳にしてしまう要因もあるはず……! 

そこで今回は、“バストがみるみる萎む!微乳になっちゃうNG行動”をご紹介します。

 

■1:ランニング・ウォーキング・ダンスなどのスポーツ

筋肉のないバストにとって大敵なのが、ズバリ“揺れ”です。揺れなどの外部からの刺激が長時間継続することで、バストの乳腺組織を支えるクーパー靭帯に負荷がかかり、伸びてしまうのです。

ちなみに、ランニングをすることで平均9cmもバストが上下に揺れ、クーパー靭帯を伸ばしてしまうとのこと……! クーパー靭帯は、1度切れてしまうと元に戻ることが難しいため、スポーツ時には、バストの揺れを極力防ぐ機能がある“スポーツブラ”を着用するなど、日頃からケアすることが大切ですよ。

 

■2:無理なダイエットでバストも萎む

バストアップ同様に、女性にとってダイエットも永遠のテーマの1つでありますよね。しかし、無理なダイエットはカラダに負担をかけるばかりか、美しいバストからも遠ざけてしまいます。

バストは脂肪が9割、乳腺が1割、そのほとんどが脂肪からできています。女性らしいキレイなボディラインをキープするためにも、行き過ぎたダイエットは危険! ベストな体脂肪は、20~23%あたりとされているのですよ。

 

■3:コーヒーの飲み過ぎ

『美レンジャー』の姉妹サイト、『Menjoy!』の過去記事「大ショック!1日3杯以上のコーヒーで“胸が小さくなる”と判明」では、驚くべき事実をお伝えしました。

ルンド大学のヘレナ・ジャンストーム教授が300人のスウェーデン女性を対象に、1日に摂取するコーヒーの量と胸のサイズの関係を調査しました。その結果、両者には大きな因果関係が発覚!

“1日に3杯以上コーヒーを飲む女性は、それ以下の女性と比べて胸のサイズが17%小さくなる”ことが判明しています。さらに、胸の大きな女性ほど、そのリスクが高まることが分かりました。

その上、“胸の小さい女性の半数以上がコーヒー好き”という驚愕の結果までが導き出されています。休憩時間に、必ずコーヒーを飲んでいたなんて方は、1日2杯程度にとどめておいた方がよいかもしれません。

 

いかがでしたか? 女性らしい丸みのあるバストを目指すためには、日頃の習慣を見直すことも大切なのですね。NG行動を控えて、憧れの美乳を手に入れちゃいましょう。

 

【関連記事】

※ 男性が好きな「女性のアンダーヘアの形」第1位は…意外な結果に!

※ そげと垂れが悩み1位!「胸もと年齢-5歳」美バストエクサ2つ

※ 衝撃!良かれとやってたバストケアが実は「老けパイ」の原因だった

※ バスト崩れの警告!「ブラジャー外したい…」は超危険なシグナル

※ スプーンが美顔器に!「毛穴レスになる」魔法の0円美容法

 

【姉妹サイト】

※ 意外と知らない!? 職場で使える「本当のクリスマスマメ知識」3選

※ アレを1杯飲むだけ!梨花も実践する「女性ホルモンUP」する秘策