体重気にせずイケる!混ぜて焼くだけ「おから餅」ヘルシーレシピ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

そろそろ待ち遠しいのが、お正月のお餅。でもお餅は美味しいけれど、ちょっと食べただけで体重が増えやすいのが玉にキズ。そんな中、食物繊維がたっぷりで、しかもモチモチの食感も楽しめる”おから餅”なるものがあるんです。

材料を混ぜて焼くだけの手軽さもうれしい、ヘルシーお餅レシピをご紹介しましょう。

 

大豆イソフラボンたっぷりのおからが材料

おからは、豆乳を絞って豆腐を作るときに出る残りカスです。カスと言っても食物繊維が特に多く含まれ、その量はごぼうの約2倍。さらに大豆のカルシウムも多くが残っており、もちろん女性に嬉しい大豆イソフラボンも摂取できます。

また大豆の炭水化物も残っており、この炭水化物に含まれるオリゴ糖が腸内の善玉菌のえさとなるため、善玉菌が増えて腸内環境が良くなると期待できます。食物繊維が腸のぜん動運動を促し、この相乗効果で便秘を解消し、体の中からキレイにしてくれる効果があります。

スーパーマーケットなどで売られているおからは、100円前後と低価格なのも魅力ですが、しかし一方でボソボソとした食感があり、料理のバラエティもあまり広がりにくいという難点がありました。

でも、ここで紹介する”おから餅”はボソボソ感もなく、簡単にもっちもちの味を楽しめるんです。

 

おから餅の作り方

おから100gに、片栗粉大さじ2~3杯、水または牛乳100ccを入れてよく混ぜます。おからの状態にもよるので、片栗粉と水の分量を調節して、好みの固さになるようにしてください。これを一口大の大きさに分け、油をひいたフライパンで両面をさっと焼きます。しょうゆで味付けして海苔を巻けば、磯辺焼き風のおから餅の完成。

フライパンで焼かずに電子レンジで1分ほど加熱して中身を混ぜる、というのを繰り返すと、つきたてのお餅のような仕上がりになり、きな粉などをまぶしても美味しくなります。

 

お餅が家にあると焼いて食べるだけでなく、鍋に入れたり、間食や夜食にとつい食べ過ぎてしまったりしがち。そんな方は、今年はこのおから餅に挑戦してみてはいかがですか?

 

【関連記事】

※ やっぱ毎日食べよ!ド定番「おにぎり」がダイエットに超絶いいワケ

※ 水分不足で老廃物ドッサリ!「水の飲み忘れ」絶対NGなシーン3つ

意外すぎる数字に唖然…高カロリーな「お餅」ランキング

休み中に太ってしまった人!体重を「すぐ戻せる」方法を教えます

※ 【動画あり】小顔効果も!3秒で変身「自然な前髪ウィッグ」の付け方

 

【姉妹サイト】

※ えっそんなに!? 働き女子の「自分へのご褒美」は平均●万円と判明

※ いまさら聞けないニュースの言葉「震度とマグニチュード」の違いは?