「朝ランvs.夜ラン」ダイエットに最適なのは…ズバリどっち!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康目的やストレス解消のためにするランニング。でもふと、朝走るのと夜走るので効果が違うのかどうか、考えたことはありませんか? 朝と夜では、体のコンディションも、外の環境も大きく異なり、ランニングの目的によって最適な時間は変わってくるんです。

今回は、朝と夜のランニング、それぞれのメリットを考えてみましょう。

 

ダイエットなら朝ランが断然おすすめ

起床して朝ごはんを食べる前にランニングするのは、ずばりダイエット目的の方におすすめ。

朝目覚めてすぐの状態は血糖値が低く、空腹になった状態です。このときに運動すると、食事からエネルギーが得られていないので、体は蓄積していた脂肪をエネルギー源にしようとします。このため、運動によってより脂肪が燃焼しやすい状態なのです。

また朝は、一日の中でも体温が一番低い状態にありますが、ランニングをすることで体温が上がり、基礎代謝が上がるという利点もあります。さらに朝は日中に比べて空気中にチリやゴミが少ないため、キレイな空気を吸って気持ちよく走ることができます。

空腹時に走るとその後の食事をたくさん食べすぎてしまいそうですが、朝ごはんにたくさんの量を食べたとしても、その日一日の活動でカロリーは消費されていくため、心配もいりません。

 

ストレス解消なら夜ランでリフレッシュして

朝に比べて、一日の活動をした後の夜に走るのは、体が動かしやすく、ストレス解消にピッタリ。その日に起きたイヤなことも、走ってスッキリすることができます。また夜に運動をしておけば、夜ぐっすりと眠りにつくことができるでしょう。さらに夜なら、紫外線を浴びて日焼けすることもありません。

ただ夜に走るのは、自転車や自動車などとの接触の危険もあることをよく自覚して、ジョギングコースが設けられ、自動車が入ってこない安全な公園などの場所を選ぶようにすると尚よいでしょう。

 

結論として、朝に走るのも夜に走るのも、走る人の生活スタイルで選んでよいということ。それぞれにメリットがありますから、走るための時間を見つけられるときに運動していくのが、運動不足解消にも役立ちますね。

 

【関連記事】

数kcalを笑うな!階段昇りには「ジョギング並みの運動効果」

あなたが頑張ってウォーキングしても「痩せない」本当の理由3つ

臭いと言われない!におわない汗をかくための汗腺トレーニング3つ

「1日15分の運動」で寿命は3年延びてガンも予防できる!?

※ 【動画あり】小顔効果も!3秒で変身「自然な前髪ウィッグ」の付け方

 

【姉妹サイト】

※ ドラマより奇なり!一般女子が暴露するスキャンダルがヤバすぎる件

※ あなたはできてる?「年賀状で評価を下げない」ための3つのマナー