冬だと冷たすぎるシートマスクを快適に使うには「お風呂にドボン!」の裏技で!!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんは、シートマスク(シートパック)を、どのくらいの頻度でお手入れに取り入れていますか? まだまだ特別なケアに思われがちなシートマスクですが、ふと考えてみると、顔に貼るだけでOKな、なんとも楽チンなアイテムなんですよね!

最近は、お手頃価格で優秀な韓国コスメがブーム→定番化して、とくに「韓国に行くたびに、シートマスクをまとめ買いしてくる!」って声をよく聞きます。

そんな中、日本が誇るプリプラシートマスクのパイオニア、ラブラボのマスクはやっぱり優秀!

まずは、祐天寺 咲さんのこのお言葉に、心を掴まれてしまったんですが…(笑)

マスク選びのとき、意外と見逃せないのが美容液の含有量!

お店で売られているシートマスク一枚の含有量は、15~23mlくらいが一般的かと思うのですが、なんとラブラボから新しく発売されたこのマスクは極厚シートに、【33ml】もの美容液が! しっとり感も格別です! ・・・なのに価格は据え置き¥450(税込)なのが、エラすぎる~!

そして、「マスクを肌に乗せるのが冷た~い」と感じてきたこの季節、私は夜のバスタイム中パッケージごと、バスタブにドボン! とイン。マスクを温めておきます!

おふろ上がりにほどよい温かさのシートマスクを肌にのせてほっと一息・・・、う~ん、リラックスできる瞬間です。肌へのむやみな刺激は厳禁ですから。

また、おふろ上がり、濡れた髪を乾かす前にシートマスクを使うと、ドライヤーの熱から、肌を守ってくれる働きも!

シートマスクがお手軽に手に入るようになった時代。デートの前日に…などのスペシャルケアとしてはもちろん、デイリーケアに賢く取り入れて、しっとり“うるぷる肌”を目指してみませんか?

ちなみに「美容液が含まれたマスク」が主流ですが、化粧水が含まれたマスク、乳液が含まれたマスクなど、色々なタイプのマスクが手に入るので、使用感や目的に合わせて使い分けるのがコツ。このあたりは各メーカーによってネーミングも様々なので、説明書をよく読んでくださいね。

みなさまもシートマスクを使ったオリジナルな裏技があったら、ぜひ教えてくださ~い!!