デート前夜に!翌朝の肌が確実に変わる「保冷剤でコラーゲン」美肌術

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

血行不良、空気の乾燥など、冬は肌にとって非常にダメージの強い季節ですよね。そんなダメージをそのまま毎日蓄積してしまうと、高い美容液を使っても効果が出にくくなることもあります。かといって、お肌を放っておく訳にはいきませんよね。

忙しい女性にとって、お手入れの難しい冬こそ、外側からのケアだけではなく、中へのアプローチも必要になってきます。そこで今回は、わずか数分ででき、しかも特別な美容液を塗らずにコラーゲンが増え、お肌が若返る……そんな裏ワザをご紹介します。

 

■コラーゲンを自力で生産しまくる方法

野菜や肉が新鮮になると言われている”50度洗い”というのがあります。50度のお湯で洗うと、ヒートショックという現象により、食材がシャキッとするという方法なのですが、実は人のお肌もシャキッっと若返る温度があることをご存知でしょうか?

その温度とは、42度です。42度のお湯で洗顔すると、ヒートショックプロテインというタンパク質が熱の刺激により増えます。ヒートショックプロテインは、良質なコラーゲンを生成してくれる働きがあり、その結果肌のアンチエイジング効果が期待できるのです。

 

■キーポイントは“温度差”

ただし、残念ながらヒートショックプロテインは加齢とともに減少してしまうそう。一方で、マメに刺激を与えることで増えていくとも言われています。

以前『美レンジャー』の記事「知らなきゃ損!無料0円でコラーゲンが“わんさか増える”裏ワザ」でもヒートショックプロテインについてご紹介しましたが、その際、温度差が大きいとヒートショックプロテインの産生が高まるとお伝えしています。

そこで、この温度差を利用してお肌のコラーゲンを増やす簡単テクニックを1つご紹介しましょう。これは、時間がないときほど、オススメの方法です。

(1)まず42〜45度くらいの蒸しタオルを作り、数分顔を温める

(2)その直後に、保冷剤で顔を冷やす

熱いお湯を触るときは、ゴム手袋を使うのがオススメです。火傷には十分注意して行ってみて下さいね。

 

この方法を続けることで、シミ・シワ予防になり、血行も良くなるのでむくみ解消にも役立ちます。是非、42度の刺激でお手入れしにくい冬肌を、簡単にプリプリ美肌に近づけちゃいましょう。

 

【関連記事】

※ 【動画あり】リップでOK!「夕方のくっきりほうれい線」カバーテク

美肌のために顔を「洗う派vs.洗わない派」正しいのはどっち?

絶対にやめて!乾燥を悪化させる「洗顔後」のNG行動4つ

たった2週間で必ず肌が生まれ変わる「スゴイ洗顔法」6つ

 

【姉妹サイト】

※ 帰宅後の洗顔はマスト!「メイク後7時間」が美肌と汚肌の分かれ道

※ 放置はヤバい!アレが大きいと「お通じに悪影響」が出ることが判明