石原さとみも溺愛!もっちもちで旨み倍増「寝かせ玄米」が話題

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女優の石原さとみさんがテレビや雑誌のインタビューで、“美容の秘訣”としてお勧めしている”寝かせ玄米”。「玄米が体に良いことは知っているけど、寝かせ玄米って何?」という方も多いのでは? 

そこで寝かせ玄米を販売している、結わえる・代表の荻野芳隆氏に直撃インタビューしてみました!

 

■そもそも”寝かせ玄米”って何?

「寝かせ玄米とは、100%玄米、小豆、自然塩を圧力鍋で炊いて、保温状態で3〜4日熟成させたもの。これが玄米?と誰もが驚く、もっちもちで甘くて旨味のある美味しい玄米ご飯です。

玄米が体に良いと知っていても“固くてパサパサで美味しくない”、“炊くのがめんどくさい、難しい”という理由で食さない人もいると思います。実際、どんなに健康でも美味しくない食事では続きませんよね。寝かせ玄米は、寝かせて栄養価が増える訳ではありませんが、味が美味しく食べやすいので、玄米食を続けられるようになります。

気が向いた時だけ健康的な食事をしても意味がありません。常に無理なく、我慢なく、手間なく、お金も掛けずに出来る食事が重要であり、それを実現できるのが寝かせ玄米なのです」(荻野氏)。

 

■玄米を食べるとどうしていいの?

「現代の食事は、戦後欧米化して、パン、白米、肉が中心となり、ビタミン、ミネラル、食物繊維が激減しています。これら栄養素はカロリーとは無関係であり、実際、カロリー摂取は減っているのに、肥満や糖尿病が増えているのが現状。とはいえ、忙しく共働き、一人暮らしの多い現代、毎日野菜たっぷりの料理を用意するのはなかなか難しいですよね。

玄米はそれだけで、必要な栄養素すべてが摂れてしまうほどの完全食とされています。この玄米を全体の6割くらい食べるようにすると、ある程度おかずに気を遣わなくても、健康な食事が出来てしまいます。つまり、玄米は、白米と野菜を一緒に食べているようなもの。それくらい効率が良いのです」(荻野氏)。

 

■どんな人にお勧めですか?

「普段は玄米中心の“基本食”にして健康の土台を作り、心をハッピーにしてくれる大好きな呑み食いである“快楽食”をたまに大いに楽しむ、“メリハリ玄米生活”をオススメしています。

このライフスタイルは、一時期的なダイエットではありません。しかし、太ってる人は痩せ、逆に痩せ過ぎている人は健康的な身体になる。つまり、健康体になるのです。一番の変化は便通でしょう。便秘も解消し、“黄土色の臭くない一本糞”が出始めたらすべてが良くなっていくでしょう。体温は上がり、免疫も上がり、肌も透明感が出て、白くキレイ、良いことだらけです」(荻野氏)。

 

筆者も実際に食べてみましたが、どことなくお赤飯のような感じで、玄米が苦手……という方でも食べやすい味と食感だと思います。まずは、白米やパンを玄米に変えるだけで運命が変わってしまうかもしれません! 皆さんも石原さとみさんのような美肌に近づくために、ぜひ一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

【関連記事】

※ 30歳越え男女は毎日摂って!「アレの減少を防ぐ」身近な飲み物4つ

※ 2015年は行列必至!不思議食感「ポップオーバー」をお店で家で

※ いつ食べてる?美肌も便秘予防も…「美人になるりんごの食べ方」

※ だから痩せなかった!米好き女子に学ぶ「正しい炭水化物抜き」

※ 【動画あり】秒速でロングに変身!襟足ウィッグでイメチェン術3つ

 

【姉妹サイト】

※ 今こそチャンス!透明感美肌のための「冬にやるべき美白ケア」4つ

※ それでも「歩きスマホ」やりますか?歩行者激突で賠償金5千万の例も

 

【取材協力】

※ 荻野芳隆・・・結わえる・代表取締役。大手コンサルティングファームに在籍中、自然療法で病気が治っていくたくさんの奇跡を目の当たりにする。「正しいことではなく出来ることを伝えることが正しい」という信念のもと、我慢や制限ではない“誰もが出来る”健康のライフスタイルを追求。2009年、「世の中の食生活を楽しく豊かに変える!」をミッションに同社を創業。