1枚目の素材がキモ!履くだけで体ポカポカ「靴下4枚重ね履き」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

厚い靴下を履いてきたのに、まだ靴下の中の足は冷たく縮こまったまま……。厳しい冷え込みに悲鳴を上げている冷え性の方もいらっしゃると思います。

そんな方におすすめしたいのが、靴下の重ね履き。素材の違う靴下を3枚、4枚と重ねて履くことで、温かさが格段にアップし、意外にもデトックス効果も期待できるんです。

そんな、靴下の重ね履き健康法の正しいやり方をご紹介しましょう。

 

靴下の重ね履きの効果は?

寒いときは、下着の上に上着を何枚か重ねて温かさを保つのと同じで、靴下も重ねることによって足元を温めるという考え方です。

しかし、ここで気をつけたいのが、ただ何枚も重ねて履けばいい、ということではないという点。私たちの体は、汗や垢など体の悪いものが排出される“デトックス作用”が常に行われており、この老廃物をきちんと出し切ることが大切なのです。

体から出た悪い毒素をきちんと吸収しながら、体を温めることが、靴下の重ね履きのポイントです。

 

正しい重ね履きの方法

では、正しい重ね履きの方法を説明しましょう。

重要なのは1枚目の素材選び。肌に直接触れる1枚目の靴下には、絹の5本指ソックスを履くこと。吸収性に優れた絹は足から出てくる毒素をしっかり吸い取ってくれるとされ、その効果が高まります。5本指タイプなら、指の間が蒸れる心配もありません。

その次に履く2枚目は、コットンの靴下を選択。2枚目も汗などを吸収することで、1枚目の靴下をさらさらの状態に保ってくれます。

3枚目以降は1~2枚目と同じ繰り返しで、3枚目に絹、4枚目にコットンを履きます。2枚の重ね履きでも温かくなりますが、4枚まで重ねればかなりぽかぽか温かになるでしょう。

1枚目は5本指の靴下をおすすめしますが、それ以降は5本指タイプでなくても大丈夫です。

 

重ね履きの注意点

気をつけたいのは、ポリエステルなどの化繊の靴下。毒素や汗の吸収力が劣るため、1枚目に履くとデトックス効果はなくなってしまいます。

また5枚、6枚と重ねて履いてもOKですが、あまり重ねすぎて足首の締め付けがひどくなり、血行を悪くしては意味がありませんので、ご注意ください。

 

この重ね履きは日中はもちろんのこと、デトックス効果が高まる就寝中も効果的です。絹の5本指ソックスを用意して、今年の冬に試してみてはいかがですか?

 

【関連記事】

※ 30歳越え男女は毎日摂って!「アレの減少を防ぐ」身近な飲み物4つ

体温1度アップで免疫力は5倍!「ツライ冷え」の正しい温め方

※ 靴下は履くか脱ぐか?「朝の過ごし方」で冷え性が悪化するワケ

※ スプーンが美顔器に!「毛穴レスになる」魔法の0円美容法

※ 1日1杯は飲みたい!ド定番「味噌汁」が最高の美容スープなワケ

 

【姉妹サイト】

※ 年末年始の内臓疲れに!働き女子を助ける「癒しの薬膳食事法」3つ

※ スピルバーグ製作総指揮!ドラマ「エクスタント」試写会に真田広之が登場