ヤバッやってた!味も鮮度もガタ落ち「冷蔵・冷凍NG食材」10リスト

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

余ってしまった食材は、冷蔵はもちろんのこと、冷凍庫で保管することもありますよね。ところが、食材のなかには、冷蔵・冷凍することで、逆に鮮度や甘みを損なってしまう意外な食べ物があることをご存知でしたか? 

そこで今回は、冷蔵・冷凍したら、味が落ちる可能性大な食べ物をご紹介します。

 

■1:卵(冷凍)

生卵も、ゆで卵も、殻つきのまま冷凍するのはNG! 中身が膨張して、殻が割れてしまう可能性があります。溶き卵の場合、よく溶いた上で密封容器に入れて冷凍保存しましょう。

 

■2:牛乳(冷凍)

水分と脂肪分の凍る速度が違うため、冷凍することで分離してしまいます。ホワイトソースなどに加工すれば、冷凍保存が可能です。

 

■3:レタス・きゅうり・大根・こんにゃく・豆腐(冷凍)

水分が多いこれらの食材は、冷凍には不向きな食材。冷凍することで食感が変わり、美味しくいただくことが出来なくなってしまいます。

 

■4:ごぼう・フキ(冷凍)

繊維が多いごぼう、フキなどは、冷凍することで食感が損なわれてしまいます。独特の歯応えと食感を楽しむためには、やはり冷凍を避けた方がベター。

 

■5:コーヒー(冷蔵)

”コーヒー豆や粉は冷蔵庫で保管している”という方も多いのでは? コーヒーを冷蔵庫に入れることで、コーヒーが持つ脱臭作用により、冷蔵庫や冷蔵庫内の食材のニオイが移ってしまう可能性があります。

 

■6:スイカ(冷蔵)

冷やして食べたいスイカも、実はNG食べ物の1つ。冷やし過ぎてしまうことで甘みが弱くなり、美味しさが失われてしまいます。風通しがよい場所に保管し、食べる直前に冷蔵庫で冷やすとよいですよ。

 

■7:バナナ(冷蔵)

亜熱帯性のフルーツであるバナナは、寒さに強くありません。茶色く変色して傷みやすくなったり、甘みや栄養が減ってしまいます。

 

■8:メロン(冷蔵)

カットしていないメロンの保存方法は、ズバリ常温が基本。冷蔵してしまうと、追熟せずに鮮度が落ちていってしまいます。食べる2~3時間前に冷蔵庫に入れて冷やすのがベストですよ。

 

■9:パン(冷蔵)

常温保存以上に水分の蒸発が進み、パンの風味を劣化させてしまいます。また、周囲のニオイを吸収しやすいため、未開封でも、ニオイが強いものの側に置くのは避けましょう。

 

■10:はちみつ(冷蔵)

はちみつは寒さに弱く、冷蔵庫に入れることで糖分が結晶化して白く濁ってしまいます。常温で保管するのがおススメです。

 

いかがでしたか? 皆さんの冷蔵・冷凍庫に「今まさに入っていた!」なんて食材もあったのでは? 正しい保存テクで、食材の美味しさをより一層楽しみたいですね。

 

【関連記事】

※ 何でも突っ込んじゃダメ!実は冷蔵庫に入れてはいけない食材4つ

※ 綺麗な人にはワケがある!「美人が絶対食べない」太る食べ物4つ

※ ゲッ…超アセる!デート中にヒヤっとする「危険な食べ物」対処テク

※ こんな女性アウト!「食べ物からの歯の着色」を招くNGな食材とは

※ スプーンが美顔器に!「毛穴レスになる」魔法の0円美容法

 

【姉妹サイト】

※ 西島ロス、卒婚…「女性が選ぶ2014年女の流行語」ベスト10公開!

※ 旅行先でパニクる前に!覚えておきたい「海外ATMの基本操作」5ステップ