キュッと細身…が危険!「血行悪化で冷えを招く」女子アイテム5つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご存知の通り、体の血行がスムーズではないと冷えを招いたり、体のあちこちに悪影響を及ぼしてしまいます。そんな血流を悪くする原因が、毎日身につけている身の回りのものにもたくさんあるんです。

普段愛用しているアイテムが血の巡りを悪くしていないか、今一度見直して、体に無理のないものを選びたいですね。

今回は、注意すべきアイテムをまとめてご紹介しましょう。

 

1:締め付けがきついブラジャー

脇から背中にかけて、また胸の丸みを囲むように、上半身のかなり広範囲の肉がブラジャーによって締め付けられます。

無理にきついブラジャーをすると肩こりを招くこともあります。呼吸が苦しくなったり、気持ちが悪くなったりするようなものは、体にサイズが合っていない可能性が大。特にアンダーのサイズがきつ過ぎることが考えられますので、サイズを見直しましょう。

 

2:密着し過ぎなアンダーウェア

パンティをはじめ、ガードル、冬の季節なら防寒のための肌着も、キュッと体に密着している分、自然と体にストレスがかかっています。特にウエストのゴムまわりは危険。子宮や卵巣といった大事な臓器があるお腹部分が、ゴムによって血行が悪くなっている可能性があります。

一日履いて体にその跡がついてしまっていたら、それだけ血流を阻害しているというサイン。もう少しゆとりのあるサイズにした方が良いでしょう。

 

3:圧力かかり過ぎなストッキング

マナーとして毎日履いている人も多いストッキングも、ウエストのゴムは、かなりきつくなっているのが一般的で要注意。また、むくみ防止や脚を細く見せるために圧力がかかっているタイプのものも、冬場の冷えと相まって足先の血流を悪くしてしまいます。

 

4:足首のゴムがきつい靴下

寒くなると活躍するのが靴下。でもこれも足首がゴムできゅっと締められており、大事な指先まで血液が行き届きにくくなります。自宅で寒さ予防のために履くのなら、足首のゴムがゆるいタイプがおすすめ。

また靴下を履いたまま寝るのは、就寝している間中、血流を悪くするため、避けた方が良いでしょう。

 

5:スキニーパンツ

ウエストから腰まわり、そして太もも、ふくらはぎと脚全体が常に締め付けられるスキニーパンツは、血流という観点で見れば間違いなくNGアイテム。もしも愛用している方は、履いている時間が長くなり過ぎないように、また履く頻度も少な目にすることをおすすめします。

 

ここで挙げたアイテムは、すべてあなたの血行を悪くしている可能性が高いものばかりです。自分の体のサイズに合っているか、きつ過ぎないか、もう一度見直しませんか?

 

【関連記事】

今こそホンキで「全身温活」!美の大敵・冷えを克服する4メソッド

※ 1時間に1回はしたい!男がつい二度見する「なぜか色っぽい仕草」

※ たった3分で一気に今風!「ニットと相性抜群」ラフモテ髪の作り方

オシャレだけど実は体に悪い「NGファッション」まとめ

スキニージーンズを履くと神経を痛めることが明らかに

 

【姉妹サイト】

※ ココが評価の分かれ道!「あいつ化かそう」と思われない基本メイク術3つ

※ ドラマより奇なり!一般女子が暴露するスキャンダルがヤバすぎる件