「果物vs.フルーツジュース」●●病のリスクを高めるのは…どっち!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

果物は体に良いと言われていますが、家にフレッシュなものを常備して、毎日食べるのは手間もかかるし、経済的にも簡単なことではありません。そんなときに便利なのがフルーツジュース。でもその効果や違いに目を向けたことがありますか?

フルーツジュースと果物、どちらかはむしろ健康へのリスクがある危ないものの可能性も……。今回はそんな、果物とフルーツジュースの健康効果について考えてみましょう。

 

フルーツジュースを飲むと糖尿病になりやすい!?

まずは、アメリカ、ハーバード大学の研究者たちが187,382人もの人を対象に25年の長期にわたって行った、果物の摂取と健康状態の関連性を調べる調査をご紹介します。

結果は、ブルーベリー、ぶどう、リンゴを1週間に2回以上食べている人は、1か月に1度果物を食べている人に比べて、糖尿病になるリスクが23%も少ないことがわかりました。

またフルーツジュースを1日1~2杯飲んでいる人は、糖尿病になるリスクが21%も高く、しかし週に3杯のフルーツジュースを果物に代用してみたところ、糖尿病のリスクが7%軽減されるということも明らかとなりました。

 

食物繊維とビタミンなら生の果物

この研究者は、果物よりもフルーツジュースの方が血糖値を急激に上昇させる食品であり、また生の果物には含まれる食物繊維が、ジュースにはあまり含まれていないことから、糖尿病のリスクを上げていると分析しています。

この実験で‟フルーツジュース”と分類されたものには、100%果汁のものか、ストレートタイプのものか、または砂糖を加えられたものかが明らかにされていないため、フルーツジュースを一概にNGと決めつけることはできません。

しかし新鮮なフルーツを絞っただけの、正真正銘のフレッシュフルーツジュースではない限り、やはり、食物繊維やビタミンなどの栄養面では、生の果物に軍配が上がるでしょう。

 

飲み物を買うときに、「体にいいから」とフルーツジュースに手を伸ばす前に、生の果物を定期的に食卓に出す習慣を付けるべき。フルーツジュースはあくまでも果物の、一時的な代用と捉えていくべきなのでしょうね。

 

【関連記事】

知らないと損!「100%ジュース」に潜む危険な落とし穴

使える!ぷよ肉に一撃「水に●●を入れるだけ」美容ドリンク4種

飲み過ぎ危険!意外と知らない「スポーツドリンク」の落とし穴

美人は密かに飲んでいる!美肌に安眠…「お悩み解消ドリンク」4つ

※ 【動画あり】ネイルなしでも!「しっとり美人な手」になる自宅ケア術

 

【姉妹サイト】

※ 確実に喜ばれる!絶対失敗しない「クリスマスプレゼント」のヒント3つ

※ クリスマスまでに-3kg!「食べても痩せる」2度おいしい食べ物5選

 

【参考】

Apples could reduce risk of diabetes: Eating fruit twice a week could cut chance of developing Type 2 by 23% – Mail Online

Starting your day with juice ‘is a diabetes risk’ – METRO