1日1杯は飲みたい!風邪にダイエット…「冬の目的別」ハーブティー

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

寒さが増して、温かい飲み物が恋しい季節になりました。美容にいい飲み物といえば、紅茶や緑茶よりハーブティーという人も多いはず。ハーブティーはカフェインレスでリラックス効果も高く、長く続けることで様々な効能を感じることができます。

そこで今回は、ハーブ専門店『enherb(エンハーブ)』に、冬にぴったりのハーブティーを教えていただきました。キレイになれるハーブティーでほっと一息してみませんか。

 

■脂っぽいお肉料理には……

年末は、飲み会が続く季節。そんな時は食中、食後で以下のようなハーブティーが健康をサポートしてくれるそう。

「脂っぽい食事には、脂肪を分解するマテ茶がおすすめ。そのほか食後の体調に合わせて、浄血作用のあるネトル、疲れた肝臓をサポートするミルクシスル、消化器系をサポートするレモングラス、コレステロールを下げるアルファルファなども合わせて飲むと、脂肪を溜めない身体作りをサポートしてくれます」とのこと。

脂っぽい料理の時は、上記のハーブティーの力を借りてみては?

 

■おやつタイムは+ハーブティーでデトックス効果を!

(1)砂糖の中和

糖分をたっぷり摂取してしまったなと感じる時は、アルファルファ、ギムネマ、ネトルの組み合わせがおすすめです。アルファルファは血中のコレステロールをゆるやかに下げる働きがあり、ギムネマは糖分の吸収を抑える作用、ネトルは浄血作用があり、血中の老廃物の排出をサポートします。ダイエット中でも安心ですよね。

(2)塩分の中和

スナック菓子や塩味のきいたおやつを食べた時には、ダンディライオンルート、ホーソンベリー、リンデンの組み合わせがおすすめ。

塩分の取りすぎで気になるのは高血圧。血圧を健やかに整えるホーソンベリー、デトックス効果の高いダンディライオンルート、リンデンの利尿作用、それらが組み合わさることで、血圧を正常に整えてくれます。

 

■「風邪気味かな」と思ったら免疫力アップのハーブティー

風邪を引いてしまったら、体力を総合的に上げるブレンドティーがおすすめです。

「免疫力をアップさせる作用があるといわれるエキナセアに、咳や痰がからんだりする時にのどをケアするハーブ・リコリス、発熱で失ってしまったビタミンの補給にはローズヒップ。これらをブレンドして飲んでいただくと、風邪に役立つそれぞれの作用が総合的に効果を発揮します」とのこと。

 

ちなみにほっと一息したい時には、ほんのり優しい甘みを感じるレモンバーベナの柑橘風味、カモミールがおすすめ。
おやつタイムにはすっきりした味わいのペパーミントに、自然な甘みのあるステビアリーフを加えるのも、糖分を摂取せずに優しい自然の甘さを感じられる良い方法です。

ハーブティーは目的に応じてブレンドできるのも楽しみの一つ。ヘルシーな身体のために毎日の習慣に取り入れたいですね。

 

【関連記事】

えっ…タートルもNG!? 「冷え性を悪化させる」冬ファッション5例

その汗…重度の冷え性!? 3人に1人が該当「冷えのぼせ」チェック

※ ヤダ…頭さえて眠れない!今夜こそ「ストンと入眠する」コツ4つ

※ あなたは大丈夫!? スイーツに含まれる知られざる●●の恐怖

※ 【動画あり】秒速でロングに変身!襟足ウィッグでイメチェン術3つ

 

【姉妹サイト】

※ 忘年会シーズンも怖くない!冬太りを阻止するちょっとしたコツ2つ

※ 効果は絶大!お金を貯めたい働き女子の「ウィークデイ節約習慣」4つ

 

【参考】

ハーブ専門店 enherb(エンハーブ)