スマホ世代の現代病!シワ・肩こりのWパンチ「眼精疲労」が怖い理由

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パソコンにスマートフォンが当たり前の現代では、いつも眼に疲れを感じている女性も多いことでしょう。そんな眼精疲労を抱えていると、そうでない人よりも目元のシワが深く進行しやすいということを、知っていますか? 

眼がショボショボになってまわりが見えにくくなるのに加えて、シワまで深く刻まれているとしたら悲しすぎです。

今回は、そんな眼精疲労とシワの関係について考えてみましょう。

 

眼の疲れが体の疲れとシワの引き金に

ポーラが30~50代の女性300名に行った「美容と眼に関する調査」で、眼の疲れと体の疲れ、肩こりを普段感じている人と、そうでない人に分けて目尻のシワを計測したところ、眼や体の疲れを感じている人は、そうでない人に比べてシワが深く、その差は平均で2~3歳分にもなることがわかりました。

また一日中ではなくても、夕方になると見にくくなる、最近手元が見づらくなったという‟老眼予備軍”と、老眼鏡が必要な‟老眼”の人は、そうでない人に比べて体の疲れや肩こりを感じやすいということも発覚。

眼の疲れが体の疲れを引き起こし、さらに目元のシワまでも深くさせているのです。

 

疲れ眼がなぜ体の疲れとシワにつながるの?

ではなぜ、眼の疲れがそのように体の疲れやシワに発展してしまうのでしょうか?

眼が見えにくくなると眼を細めるようにしたり、見えづらいものも頑張って眼をこらして見ようとします。そんなときのしかめっ面は大抵、おでこや目尻など、顔のどこかにシワが寄っているはず。それが繰り返されると、シワが少しずつ記憶されていってしまいます。

さらに無理に顔を近づけたりする行為が、肩や体を不自然な体勢で硬直させることになり、体の疲れを招いてしまうのです。

 

眼精疲労と老眼を予防するには

若いときから眼を酷使していれば、老眼に早くなってしまう可能性が高くなります。ですから20代、30代のうちから、眼精疲労が慢性化しないように普段からできる心がけが大切です。

過去記事「眼の疲労…ヤバイ!眼科医が警告「視力がみるみる落ちる」悪習慣」でもご紹介している通り、合わないメガネやコンタクトの使用、長時間のPC使用などを避け、眼をしっかりと休ませてあげる習慣をつけるようにしましょう。

 

PCやスマホが欠かせない現代だからこそ、自分の眼を守れるのは、自分自身しかいないですよ。

 

【関連記事】

アラフォー世代を悩ませるツライ「眼精疲労」の改善方法とは

目がショボショボは危険!眼精疲労を加速させる5つのNG行動

まさか!「目の酷使で子宮に負担」スマホ女子は要注意

※ 【動画あり】たった1つの動きでガッツリ効く!肩こり解消エクサ

 

【姉妹サイト】

※ この秋冬はコレ!オフィスファッションに取り入れたい最旬アイテム4つ

※ あの人気歌手がプロデュース!「結果がすぐ出る」と噂のジムに潜入

 

【参考】

美容と眼に関する調査 – ポーラ