注意!トイレのドライヤー「菌の飛散量は紙タオルの27倍」英研究

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたは公共のトイレで、ハンドドライヤーがあったらそれを使っていますか? もしも「YES」と答えたなら、他人の菌がそこでまき散らされ、あなたは菌まみれになっている可能性があるということが、最新の研究でわかりました。

風邪をひいたり、体調を崩したりするのは、菌が思わぬところで降りかかってきているせいかも……しれませんよ。

 

手の菌がドライヤーで周辺に飛散

イギリス、リーズ大学の研究者たちが発表した情報をご紹介しましょう。

研究は、人にとって安全で、しかも通常はトイレでは発見されないバクテリアである乳酸菌を手につけ、手洗いを充分にしていない状態を擬似的に作りました。

そしてその手でハンドドライヤーを使用。使用後にドライヤー周辺1m、2m先の範囲で乳酸菌の数を計測し、ドライヤーを使うことによって菌が手からどのくらい飛散するのかを調べました。

その結果、風力の強いジェットエアータイプのドライヤーを使ったときの乳酸菌の検出量は、温風のドライヤーの場合の4.5倍で、ペーパータオルの場合の27倍にもなることがわかりました。

 

バクテリアはドライヤーの突風では死なない

最新の強力なジェットエアーは手についていたバクテリアも、風の威力で落ちたり、死んでしまったりしそうですが、この調査発表によると、ドライヤーを使っている15秒間の間でもバクテリアは生き続け、乾燥を終了した15分後でも、空中から生きたバクテリアが検出されています。

手にはものすごい数の菌が常にいます。だから基本は、手洗いをしっかりと行うことが大切。そして洗った後はきちんとタオル等で水分を拭うことです。

ハンドドライヤーは少なからず、自分自身の菌を周辺に撒き散らしており、他人の手についていた菌が自分の体についている可能性も高いことを自覚した方がよさそうです。

 

トイレでは、ペーパータオルや、自身の清潔なタオルを使うほうが賢明のようです。そして何より、丁寧な手洗いを心がけたいですね。

 

【関連記事】

大腸菌も付着する恐怖!細菌まみれになる歯ブラシのNG保管法とは

なんとトイレ我慢しすぎで「膀胱が破裂する」は本当だった

ホコリ1g中に菌260万個!「リビングの床は菌まみれ」仰天の事実

消毒ジェルで乳がんに!? 殺菌成分が「がん細胞を増やす」危険あり

※ 【動画あり】ネイルなしでも!「しっとり美人な手」になる自宅ケア術

 

【姉妹サイト】

※ 万能すぎる!オフィスに「ココナッツオイルを常備すべき」3つの理由

※ 育毛剤がなくてもOK!急増中の「女性の薄毛」簡単レスキュー法

 

【参考】

Hand dryers can spread bacteria in public toilets, research finds – Science Daily