NGですよ!体重にバスト…「コンプレックス強調」着こなしまとめ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

季節の移り変わりとともに、洋服やアクセサリーを新調するという方は多いですよね。新しいものを身に付けるときというのは、ドキドキ・ワクワクするものです。ですが、実際に着てみて「何だかイマイチ……」なんてことも少なくないはず。

そこで今回は、コンプレックスを倍増させる‟NG着こなし”をまとめてみました。ファッションアイテムを新調するときや、大掃除をするときの参考にしてみてくださいね。

 

■1:太って見える着こなし5つ

寒い季節のファッションの悩みと言ったら、‟着ぶくれ”なのではないでしょうか? 過去記事「周りから‟何か太った?”と言われちゃうNG着ぶくれファッション」では、冬にやりがちなNG着こなしを紹介しています。

(1)保温性のあるインナーを着ないで、何枚も重ね着をする

(2)カイロを使わずに、何枚も重ね着をする

(3)脚を太く見せるリブ入りタイツを履く

(4)縦のラインを意識しない

(5)モコモコアイテムをたくさん取り入れる

「寒いから……」と洋服の枚数に頼るのではなく、機能性インナーやカイロといった温かグッズを上手に活用して、スッキリと見せましょう。

 

■2:老けて見える着こなし3つ

年齢とともに、似合うファッションというのは変わってきます。そのため、「私にはこの色・柄が似合う」という先入観を持ち続けないことが賢明。『美レンジャー』のライターで、スタイリストとしても活躍中の高田空人衣さんによると、老化が気になる年齢の女性にとって、以下の3つは、老けて見える恐れがあるそう。

(1)柄の小さなアイテム

(2)存在感のないアクセサリー

(3)地味色でまとめたトップス

 

■3:いかり肩に見える着こなし5つ

華奢で守ってあげたくなるようなボディラインの女性には、控えめで家庭的な印象を持ちますよね。反対に、肩幅が広かったり、いかり肩気味だったりする女性には、男性的なたくましさを感じます。ここでは、「”いかり肩”を恐ろしく強調してしまうNGファッション5つ」から、肩幅にお悩みの女性が避けるべきファッションをアドバイスいたします。

(1)肩パットが入っている

(2)タートルネック

(3)パフスリーブ

(4)つばなしハット

(5)肩章付き

 

■4:巨乳を台無しにするファッション4つ

せっかくのボリューミーなバストも、着こなし次第では‟太った人”に見られてしまいます。ここでは、「せっかくの‟巨乳が台無しになる”NGファッション4つ」をもとに、ボリューミーなバストの魅力を半減させてしまうNGファッションについて学んでいきましょう。

(1)襟の詰まった服を選ぶ

(2)膨張色の服を選ぶ

(3)Aラインの服を選ぶ

(4)巻き物などの小物を使わない

 

いかがでしたか? ファッションは、コンプレックスを上手に隠すこと、さらに倍増させてしまうことといった両面を持ち合わせています。今の自分のコンプレックスを把握し、上手にカバーするためのテクニックを身に付けたいものですね。

 

【関連記事】

※ あぁ…後輩からも「デキない人」認定!忘年会NGファッション5つ

※ たった1分&1本で!「ぷっくり涙袋ができる」整形級裏ワザメイク

 

【姉妹サイト】

※ 働く女性必見!「美脚に見せつつ疲れにくい」仕事シューズを選ぶコツ

※ 弁護士より競争率高し!最新版「女子が結婚したい職業」1位とは