もう朝…洋服迷わない!「気温で決めるコーデ」これ見ればOK

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

急に冷え込んできたと思ったら、日中はポカポカ陽気に戻ったり……「何を着たらいいの?」「アウターは?」などとお困りの方も多いのでは? 

気象庁が発表した、2014年11月~来年1月の3カ月予報によると、今年は平年並みか暖冬なのだとか。とはいっても、やはり気温に応じた色々な着回しテクを覚えたいですよね。

そこで今回は、“気温で選ぶコーディネートテク”をご紹介します。

 

■日中の平均気温を参考に

毎朝の天気予報と共に必ずチェックしたいのが、“日中の平均気温”です。早速、気温ごとに服装の目安を見ていきましょう。

<20℃~16℃>

カーディガン、薄手の羽織などで重ね着

<15℃~12℃>

セーターやニットなど、厚手のトップス+薄手のコートやジャケット

<11℃~7℃>

ヒートテックなどのインナー+長袖トップス+コート

<6℃以下>

ヒートテックなどのインナー+長袖トップス+セーターやニット、フリーストップス+ダウンジャケットや厚手のコート+マフラーや手袋

 

■服装指数(日本気象協会)を目安に

日本気象協会のホームページ上で見られるのが、各地の気温を参考に発表される“服装指数”。数字が小さいほど、洋服も厚着になっていきます。イラストで何を着ればいいのかが即座に分かるので、筆者もこまめにチェックしていますよ。

<服装指数の目安>

10・・・ダウンジャケットを着て出かけよう

20・・・マフラーと手袋が欠かせません

30・・・コートを着ないと結構寒いなあ

40・・・セーターが必要になりそうだね

50・・・薄手のカーディガンが欲しいな

60・・・朝晩は上着が欲しい涼しさです

70・・・昼間は長袖1枚着れば十分

80・・・半袖のポロシャツで過ごそう

90・・・Tシャツ1枚で過ごせる暑さだ

 

■アプリで簡単コーディネート

美レンジャーお天気に合わせて簡単にコーディネートを組むのなら、アプリ『おしゃれ天気 コーデと天気が一度にわかる無料アプリ 美肌付』がおススメです。

その日の天気・気温・湿度・降水確率はもちろんのこと、3時間毎の天気や降水確率、さらに1週間の天気予報までチェックできちゃいます。トレンドを取り入れた豊富なコーディネートも楽しみの1つ。

ある日のコーディネートでは、“セーター+羽織もの”をメインとして、ビジュー付きブルゾン+フリル付きロンパース+セーター+シャツ+プラットフォームパンプスの提案が! 忙しい朝も洋服選びがラクになりそうです。

 

いかがでしたか? マンネリしがちな冬のコーディネートも、アプリや気象情報を使って、手間をかけずにオシャレを楽しめたら素敵ですね。

 

【関連記事】

※ 大人モテは…断然フォックス!「メガネとファッション」相性3テク

※ 今すぐ診断!知らないとオバサン呼ばわりの今時ファッション用語

※ 婚活中の女性必見!男性モテNo.1の「婚活必勝ファッション」とは

※ だからダサイ!「ミモレ丈でスタイル8割増しにする」コーデの掟4つ

※ たった3分で一気に今風!「ニットと相性抜群」ラフモテ髪の作り方

 

【姉妹サイト】

※ 調査で判明!日本の働く女性がいまいち「自信」を持てない理由とは

※ なぜ?女性が「人生で一番辛い時期」は34歳という調査結果が

 

【参考】

服装指数 – 日本気象協会