白身と黄身…抜くならどっち?海老蔵・松潤も実践「卵ダイエット」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アメブロ更新回数が、超人的な市川海老蔵さん。舞台のお仕事などで非常に多忙なのにも関わらず、あのバイタリティーはどこから湧いてくるのでしょうか? 

そんな市川海老蔵さんは、自身の食生活をよくブログにアップしていますよね。朝からしゃぶしゃぶを食べたり、麻央さんの愛妻弁当がかなりヘルシーだったりと、見ていて健康に気を使っている様子が伺えます。

また市川海老蔵さんが以前行ったダイエットが、意外性のあるものでした。そこで今回は、そのダイエット法を詳しくご紹介したいと思います。 

 

■市川海老蔵-20kgダイエット成功法

実は、 市川海老蔵さんはかなり大幅なダイエットに成功したことがあるんです。その時の食事内容は、ブログなどでも紹介されています。ポイントは以下の通り。

(1)納豆や魚中心の食事

(2)昼食にゆで卵5個(うち4個は黄身抜き)

(3)1日8〜10食に分食

(4)間食はヒマワリの種

これ以外にも、断酒したり、ジョギングしたり、サウナで汗をかくことをして、20kgものダイエットに成功したそうです。そんなに太っているようには見えませんが、それでも20kgも減るなんてもの凄いことですよね。

上記4つの中でもとくに気になったのが、ゆで卵をかなり食べられていた点です。普通1食に1~2個程度のところ、4個も摂っていたということは、そこに何か秘訣があるのかもしれませんよね。

 

■黄身と白身って、こんなに違うものだった!

市川海老蔵さんが行っていた黄身抜き卵ダイエットは、嵐の松本潤さんもおススメしていたものです。実は、白身と黄身は含まれるカロリーや栄養バランスが結構違うのです。

・黄身は白身の3倍のカロリーがある。

・黄身より白身のほうがカルシウム、ナトリウム、ビタミンB2が多く含まれている。

・黄身と白身のタンパク質量はあまり変わらないが、やや黄身のほうが多くなる。

つまり、カロリーは抑えられつつ、タンパク質がしっかり摂れる白身には、脂肪吸収を抑えるカルシウムや脂肪代謝のビタミンBが多く、ダイエットにかなりオススメなのです。

 

卵というと、白身も黄身も一緒に食べることのほうが多いと思います。ただ、ダイエットで代謝を上げたい時は、自分の黄身は家族にあげてみてはいかがですか。

 

【関連記事】

※ 52歳がまるで30代!最強のアンチエイジングフードは「朝の卵」だった

ウマみと若さのもとがギュッ!「朝のゆで卵・目玉焼き」究極調理法

※ オトコって贅沢!「可愛くても口説かれない」女子の典型パターン4つ

※ ちょびっと足すだけ!「いつもの食事が栄養UPする」食材まとめ

※ 【動画あり】ネイルなしでも!「しっとり美人な手」になる自宅ケア術

 

【姉妹サイト】

※ 薬が飲めない働く妊婦やママを救う!身近な「梅干し」のスゴイ利用法

※ お嫁にしたくないのはどっち?「メシマズvs汚部屋」圧勝だったのは…