カレも実は驚いてない?ベッドで悲劇を招かない「●●のお手入れ」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ワキや腕、脚はケアしていても、アンダーヘアのお手入れはどうですか?もしも「処理を一度もしたことがない」のなら、アウト! 「自己流で何となくやっている」のも、本当にその方法でいいのでしょうか…。実に75.8%の女性がアンダーヘアの処理は行っており、ケアを怠けている人はごく一部の少数派ということも自覚が必要です。

自分よりも、むしろ大切なパートナーにこそ見られる大切な場所だから、正しいケアの方法について学んでいきましょう。

 

■アンダーヘア未処理が招く恥ずかしい体験談
まずは、アンダーヘアのケアを行っていないことで女性が恥ずかしい思いをした、そんな体験談をご紹介します。

○カミソリを使っていたけれど、新しい毛が生えてくるとチクチクして、下着から突き出てハリネズミみたいに…。(46歳、その他)

○アンダーヘアが濃い方なので、彼に「もじゃもじゃだね~」とか「全部剃っちゃわない?」と言われ、冗談ぽかったけれど、本心ではショックを受けました。(22歳、学生)

○彼が脚を触ったとき「ツルツル~」と言ったのに、アンダーヘアのときはかき分けながら「フサフサ~」と言われ、手入れしなくっちゃと決心しました。(26歳、会社員)

 

■アンダーヘアの処理で知っておきたい「VIOライン」って?

アンダーヘアの処理のときに使うのが、Vライン、Iライン、Oラインという言葉。Vラインは、下着をはいたときにできるVの字の周辺部分のこと。Iラインは女性器周辺で、Oラインは肛門周辺を指します。

Vラインは自分で処理できますが、IやOラインは自己処理が難しい部分。しかし特にIラインは、女性は自分自身では見ることができませんが、男性にとってはベッドで間近で目にする部分。実際に男性の意見では「えっ、ここに生えるの?」とショックを受けることもあるようです。

だからこそ女性が考えている以上に、ケアをしっかりとすることが、“身だしなみを整えている、しっかりした女性”と思われる第一歩です。

またTバッグなど体を覆う面積が少ない下着や水着を着るときには、この部分の処理も重要になってきます。

 

■おすすめのアンダーヘア処理方法
ではアンダーヘアの処理は何を使って行えばよいでしょうか? 冒頭のアンケートでは「少し削る程度(44.3%)」「少し抜く程度(25.3%)」が多数派で、それ以外にはジェルを塗る、エステに通うという意見がありました。

デリケートなゾーンだから、無暗に腕や脚用のカミソリを使うのは危険です。一番のおすすめはアンダーヘアの処理専用のアイテムを使うことです。

『アンダーヘアケアはじめてセット』には、ペンシルタイプのアンダーヘア専用トリマーが含まれており、見えにくい部分でも安全に処理を行えます。それにカミソリと違って熱によって毛先を丸くカットするため、チクチクした感触になりません。専用のコームを使えば、7㎜程度の長さに毛を揃えることができ、清潔感のある仕上がりにできます。

さらに、アンダーヘア専用のトリートメントもセットになり、これを使えばゴワゴワの毛がふわふわやらかな質感になり、気になるデリケートゾーンの臭いも爽やかなマンダリンオレンジとラベンダーの香りに包まれます。

手脚のお手入れをいくら頑張っていても、アンダーヘアのケアがおざなりでは、ベッドの上で化けの皮が剥がれてしまいますよ。ぜひ見直して、手入れの行き届いた、清潔感ある女性を目指しましょう。

 

 

【参考】

アンダーヘアケアはじめてセット – エルシーラブコスメティック通販