向井理もヤラれた!国仲涼子の「大人キュートな愛嬌顔」メイク術

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

向井理もヤラれた!国仲涼子の「大人キュートな愛嬌顔」メイク術

人気俳優の向井理さんと結婚へ!と報じられた女優の国仲涼子さん。愛らしいキュートな雰囲気の中にも、大人の女性としての落ち着き感、意思の強さを感じますよね。国仲さんのような30代になりたいと思う女性も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、国仲涼子さんのような大人かわいい愛嬌顔のメイク法をご紹介します。

 

■1:眉毛は太め&直線でしっかりとした“意思の強さ”を

国仲さんの眉毛の特徴は、2つ。太めで直線的なラインを意識することと、眉山をしっかりと作ることです。太めの直線眉や眉山を作るメイクは意思の強さをあらわすので、“しっかりしている女性”のイメージにつながります。

また、眉尻を長く描きすぎないのもポイント。コンパクトにまとめることで、輪郭のふっくら感が出て、意思の強さだけでなく、女性の柔らかさを感じられる顔立ちに。

向井理もヤラれた!国仲涼子の「大人キュートな愛嬌顔」メイク術

 

■2:ラインとマスカラで作る“愛らしいパッチリ目元”

国仲さん風のパッチリとした大きな目を作るには、アイシャドウはベージュや淡いピンクなどナチュラルなものを使用し、アイラインとマスカラでパッチリ感を演出するのがポイントです。

(1)アイラインは中央を太目にひく

アイラインをやや太めにひき、黒目の上をさらに少しだけ太めに描き足します。そうすることで目の縦の幅が強調され、パッチリとした目元に近づけます。

(2)まつ毛は放射線状に広げる

ビューラーでしっかりめにカールさせ、目の形に添って放射線状に広げるイメージでマスカラをつけます。下まつ毛も一本一本つけるのがおすすめ。

向井理もヤラれた!国仲涼子の「大人キュートな愛嬌顔」メイク術

■3:チークはやや高めの位置で“キュートさ”を演出

国仲さんの愛らしい顔立ちは、ふっくらした健康的な頬にもポイントがあります。明るすぎないサーモンピンクのチークを頬の少し高めの位置にふわっと入れることで、笑ったときに頬がふっくら見え、やさしい顔立ちになります。練りチークを使用するのも、自然なツヤが出るのでおすすめです。

 

■4:ノーズシャドウでメリハリを出す

“優しくかわいい”で終わらせないのが国仲さん風のメイクのポイント。国仲さんのスッと伸びた大人っぽい高い鼻を演出するために、ノーズシャドウを使用します。眉頭から鼻の側面に沿って軽く入れるだけで、メリハリのある顔立ちに仕上がります。

向井理もヤラれた!国仲涼子の「大人キュートな愛嬌顔」メイク術

 

以上、国仲涼子さんのような大人かわいいメイク法をご紹介しました。意思の強さを感じる愛嬌顔で、向井理さんのようなさわやかな年下男性のハートをがっちり掴んでくださいね。

 

【関連記事】

バレバレでも強い!30代肉食女子「男ゴコロ鷲づかみ」テク

気づいて!モテないどころか引かれてる「隙なしサバサバ女」特徴3つ

眼科医が厳重警告!目元トラブルを招く「アイメイク」落とし穴3つ

その髪…アウト!初対面で「この子はナシ」認定されるNGヘアとは

【動画あり】フェイスライン・口元の表情筋を狙う「必殺小顔エクサ」

 

【姉妹サイト】

※ 働くママのエネルギー切れ回避!ワタシ時間を確保できる「家事救世主」

※ 前田敦子が風俗嬢、門脇麦が娘役に!「翳りゆく夏」女性キャスト発表