今さら聞けないオイル事情…「オメガ3・6・9」の違いって何?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

良質なオイルをそのまま飲んで若返り。全身に塗り込んで保湿ケア。オイル美容といえば、今や内外美容の代名詞的アイテムになりつつあります。

特にオイルが良いとされている理由のひとつとして、“オメガ3脂肪酸を多く含む”などというキーワードを耳にする機会も多いはず。また、オメガ3だけではなく、他の数字が付くものもありますよね。

でも、「一体何にどう良いのか分からない……」という方もいらっしゃるのでは?  そこで今回は、それらについて分かりやすくご紹介します。

 

■覚えておくべき、オメガ3・6・9の特徴

“オメガ”という言葉が出てきたときに、一緒に付いてくるのが3・6・9という数字。これが何を意味するのか、どう違うのかを理解していない方も意外と多いようです。まずはそれぞれの特徴をざっくり覚えましょう。

脂肪酸は、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分けられますが、さらに不飽和脂肪酸は、オメガ3、オメガ6、オメガ9に分類されます。

・オメガ3・・・αリノレン酸

抗アレルギー、高血圧、ダイエットと健康や美容に良い効果があります。(亜麻仁油、シソ油、えごま油、インカインチ油など)

・オメガ6・・・リノール酸

免疫アップ、エイジングケアに効果的。(麻の実<ヘンプ>油、コーン油、胡麻油など)

・オメガ9・・・オレイン酸

抗酸化に役立ち、キャリアオイルにも使われます。(オリーブ油、キャノーラ油、アボカド油など)

 

■オメガ6は摂りすぎ注意!

一見、どれも体に良いように見えますが、オメガ6に関しては、日本人は摂りすぎの傾向にあります。リノール酸は炎症やアレルギーの危険因子となる可能性が示唆されており、それを抑えるためには、オメガ3をたくさん摂る必要があります。

厚生労働省が推奨している、αリノレン酸(オメガ3)とリノール酸(オメガ6)の割合は、1:4とされています。しかし、一般的な食事や外食にはリノール酸が多く含まれていることが多く、必須量の約6倍も摂ってしまっている可能性が高いようです。

 

■バランスの良いオイルで美しく!

そこで摂りたいのが、αリノレン酸(オメガ3)とリノール酸(オメガ6)の割合が、もともと優れているオイル。例えば麻の実からとれるヘンプオイルは、比率が1:3なので、自然とベストに近いバランスで摂取することが可能です。

ヘンプオイルは食用はもちろん、ベタつかずサラッとしたテクスチャーなので、マッサージのベースオイルとしてもオススメ。また、浸透性が良いので、洗顔後の肌にブースターとして使ったり、全身の保湿ケアにも役立ちます。

 

バランスが大切なオメガ系オイルですが、その特徴を覚えて、日常のオイル選びにも生かして下さいね。

 

【関連記事】

※ 肩だけ揉んでもダメ!「ずっしり肩こり」ケアすべきはアソコだった

ミランダ&ジェシカ流!朝から晩まで「●●オイル」7通りの使い方

1本で何通りも!優秀アロマオイル他「プロのお守り的コスメ」3選

これでどうだ!●●ゾーンまで完璧に…「カレもうっとり潤い肌」計画

※ 【動画あり】接着剤はダメ!剥がれ・亀裂「ネイルトラブル」対処法

 

【姉妹サイト】

※ 仕事のミスも評価につながる!知っておきたい「上手な謝り方」のポイント

※ ココでバレる…「もしや恋愛経験ゼロ?」と勘ぐってしまう女子の特徴

 

【参考】

※ 「日本人の食事摂取基準」(2010年版) – 厚生労働省